Windows10で仮想HDDを作成する方法(VHDファイル作成の手順)

仮想のHDD(マウントをしないと見えないHDD=仮想ドライブ)を作る方法です。

仮想ドライブといえば暗号化できる「VeraCypt」を使用している方が多いと思いますが、暗号化が不要な場合はWindows10のディスクの管理から簡単に作成できます。

誰にも見られたくないデーターがあり暗号化が必要な方は下記の記事を参考にしてください

「VeraCypt」で暗号化された仮想ドライブを作成する手順

暗号化の必要がない場合は、下記の手順で仮想HDDを作成することができます。

VHDファイル作成の手順

今回は一例として、ディスク2の中に約20GBの仮想ドライブを作成します(下記画像)

(1)スタートメニューから、ディスクの管理を選択>仮想HDDの領域を作成するためにディスク2のボリュームを縮小します。(縮小する領域のサイズを20000MB)

(2)未割当ての領域ができますので、未割当て領域を選択した状態で、メニューの操作>VHDの作成をクリックします。

(3)仮想HDDの作成画面が表示されますので、「参照」をクリックして場所を指定>任意の名前を入力。サイズは20000MBで容量固定を選択してOK。この段階で選択した場所に仮想HDDが作成されますが、まだ使用することはできません。

(4)作成した仮想HDDの初期化を行います。

(5)仮想HDDを選択して、新しいシンプルボリュームを作成します。(全領域、形式はWindowsなのでNTFSが妥当です)

(6)VHDファイル(仮想HDD)は、エクスプローラー上でマウント/アンマウントの切替えが行えます。※VHDファイルはダブルクリックでマウントすることができます

時間があるときに作成してみてください。

スポンサーリンク