GearBestで購入した『TECLAST F7』が届いたのでレビュー

北陸地方は大雪で、自宅でも会社でも『雪かき』の日々です。

そんな大雪のなか『GearBest』で購入した商品『TECLASTの14インチ薄型ノートパソコンF7』が届きましたのでレビューします。

※ちなみにスペックや購入した理由はこちら ⇒ https://freepc.jp/teclast-f7-notebook-silver

箱↓

側面:左からmicroSD、USB3.0、イヤホンジャック、電源です。実際に使ってみると電源とUSBポートが近いので、有線のマウスだとちょっと使いにくいかも…Bluetoothマウスは必須ですね。

電源アダプタは100-240なので変換機は不要ですが、差込口がCタイプなのでAタイプのアッタチメントが必要です。そのまま日本のコンセントに差して使用することはできませんのであらかじめ量販店などで購入する必要があります(500円くらい)

見た目は薄いのでカッコいいですし軽いので持ち運ぶのも楽ですが、ヒンジの部分が折れてしまいそうで少し頼りない気もします(薄型PCなので仕方がないのかもしれませんが・・・少しの振動でディスプレイが揺れます。もう少し安定感が欲しいですね)

キーボードはこんな感じで、半角/全角のキーがありませんが、フリーソフトを使用して割り当てなおす必要があります(簡単ですけど、パソコンが苦手な人は辛いかも)。通常設定だと日本語と英語の切り替え「半角/全角」も効きませんし、アットマークも入力できません。

背面にはSSD(m.2 2242)で増設できる場所があります。

『KingSpec M.2 2242 』SSDを増設した話はこちら ⇒ https://freepc.jp/post-31049

まぁ、これくらいはしないと普段使いは辛いってのが本音ですが、普通にM.2を挿入しただけではメインドライブにはなりえないので、クリーンインストールが必要。これも慣れていないと難しいかなと思います。外付けSSDと同様にあつかえば500MB/sくらいの速度はでますが実用的ではないですし・・・意味ないですから。

背面のカバーを外してみましたが、メモリーの増設も難しいですね。

PC(OS)の初期設定は英語バージョンかと思いましたが、普通に日本語でしたが起動後もほぼ日本語ですが一部分だけ中国語もあります(クリーンインストールすれば、ちゃんとすべて日本語環境で使えます)

下記は、eMMC 64GBをCrystalDiskMarkで計測した結果です。当然ですがHDDよりは速いので、速度に拘らないのであればSSDは必要ありません(ただし、すこしひっかかる感じはありますので私はこのまま使用するのは無理)

ネットワークアダプタ(内臓無線LANカード)は11ac対応、速度は普通です。

参考までにCPU-Zのデータも載せておきます。

エクスペリエンスは、CPU内蔵のintel hd graphics 5000が足を引っ張ていますが、それ以外はまぁまぁですね。

バッテリーは電源=高パフォーマンスで約5時間?

液晶は綺麗で文字が読みやすいです。

ちなみに、このPCは『GearBest』のセールの時に26,000円で購入しています。

あとね・・・これを本気で良いPCだと書いてある記事はやらせです(まぁ悪くはないけど)

価格のわりにスペックは高いPCを安く買えるのは事実ですけどね。

まぁ海外製品を購入する場合は初心者だと辛いのも事実ですw

以上です。

スポンサーリンク