Mouse ノートパソコン『MB-B504E』のレビュー

昨年末に会社の同僚(おばちゃん)から『5万くらいでオススメのPC選んで』と頼まれていたので、そろそろ相談&購入することにしました。購入するにあたり使い道を聞くと、インターネットとOfficeのソフトを使用するくらいらしいので、高スペックは不要っぽい。

『メーカーの希望は?』と聞くと、『お任せで!』と曖昧な返事。

それなら『海外のPC(中華PC)をGearBestとかで購入すれば、そこそこの性能になるけどどうする?』と聞くと、中国製は嫌らしい・・・

会話を進めていくうちに『NECとか富士通とか日本っぽい有名なところがいい』と・・・
それならMouseは、部品は海外製だけど日本組立で比較的安いよといったら『じゃあ、MouseでOK』ということになりました。

相談された5万円以内という価格のなかでスペックをみると『MB-B504E』一択なのですが、私は2016年12月に発売された『MB-B502E』も、2017年6月に発売された『MB-B503E』と2期連続で同じ型を購入しているため新鮮味がなく面白くありません・・・

まぁそれは私の問題で、実際にMB‐B500シリーズは使いやすいですし新鮮味は関係ありませんよね・・・

購入方法は、クレジットカードを使わずに代引きで購入したい&即欲しいということだったので直販ではなくAmazonから購入しました。(Officeなし)

またPC初心者で初期設定も不安ということだったので私がすることになったので、ついでといってはなんですがレビューしておきます。

型は2年前の『MB-B502E』と同じですね(MB-B502Eのレビュー

見た目はそこそこです(今までブラックだったのでホワイトは新鮮、ただ黒の方が高級感あるような気はします)

スペック的には、2年前の『MB-B502E』のCPUベンチマークは1648でしたが、『MB-B504E』は1829(周波数は1.1~2.2GHz)。CPU内蔵GPUは400から500に上がっています。液晶もHDからFHDとなっているので見やすいですね。メモリの増設は今まで通り可能(MB-B500シリーズ メモリの交換方法)。

価格が変わっていないことを考えるとで企業努力ですかね?

電源を入れてからWindowsが起動し使えるまでの時間は37~38秒です(BootRacerで測定)

ディスクの速度測定では読書きとも約500MB/s。まぁSSDなので普通ですね。

動画や音楽の編集、または動画のエンコードなどはできません(できるけどかなり遅いです)が、ブログを書いたり、Officeなどの簡単な仕事、動画視聴、ネット観覧なら余裕でこなせます。

以上です。

スポンサーリンク