Windows10 オフラインスキャンでウイルスを駆除する方法

Windows10のウイルス駆除用ソフト『Windows Defender』にはシステム起動時にウイルスを駆除する機能があります。(Windows Defender Antivirusで最も有効なウイルス検査/駆除方法です)

たとえばWindows Defenderではウイルスが検知されたときにウイルスが実行されないように『検疫済みの脅威』として隔離されますが、この時に駆除できない場合は実行中のプログラムを手動で停止してから駆除する必要があるのですがWindows Defender オフラインスキャンはプログラム起動前に検査しますので、そういった問題もなく駆除が可能です。

下記はWindows起動前の検査中の画面で、この後にOSが起動します。

Windowsの説明にもこうあります。

悪意のあるソフトウェアの一部は、デバイスからの削除が非常に難しい場合があります。Windows Defenderオフラインを使用すると、最新の驚異の定義を使用して、このようなソフトウェアを検出して削除できます

以下手順です。

①Windowsロゴキー+IでWindowsの設定画面を開きます

②更新とセキュリティ>Windows Defenderセキュリティーセンターを開きます

③ウイルスと脅威の防止をクリック

④高度なスキャン>Windows Defenderオフライン スキャンを選択>今すぐスキャン

これで上記のスキャン終了後にOSが起動します。

まだ検査したことがない方は一度試してみてください。

以上です。

スポンサーリンク