外出先からAndroid(スマホ)を使用して自宅のPC(Windowsの共有ファイル)にアクセスする方法

外出先からAndroid(スマホ)を使用して自宅のPC(Windowsの共有ファイル)にアクセスする手順を書きます。
ちなみに今回のホストOS(基地)は「Windows10 Pro」、プロトコル(通信手段)は「PPTP」を使用します。ほとんどのルーターは「PPTP接続」には対応しています。DDNSはルーター次第で私の環境では有料のものしか対応していないので…設定していません。

ルーターのVPN(PPTPサーバー)を有効にする

ルーターの設定は難しく考えがちですが、今回はPPTPを有効にしてから接続するユーザーを登録するだけです。

ちなみにPPTPとは↓です。

PPTP (Point-to-Point Tunneling Protocol) は、TCP/IP ベースのデータ ネットワーク上に仮想プライベート ネットワーク (VPN:Virtual Private Network) を作り出すことにより、リモート ユーザーから企業のサーバーへの安全なデータ転送を可能にするためのネットワーク プロトコル。

参考までにMicrosoft ⇒ PPTP を理解する

では早速ルーターにアクセスします。BUFFALOのルーターを使用中でLAN側IPアドレスを変更していない場合は「192.168.11.1」。(接続先はメーカーによって違います)

ログインしたら詳細設定>左のIntemetのPPTPをクリック。「PPTPサーバー機能」の使用にチェックをいれて設定をクリック(他は触らなくてもOK)。※L2PT/IPSec対応のルーターならVPNサーバーから選択できます

※画像はクリックで拡大します

設定後、PPTP接続ユーザーの編集をクリックすると下記の画面が開きますので「接続ユーザー名」と「パスワード」を入力(任意)。IPアドレスの割当て方式を「DHCPサーバー設定の範囲から取得」として新規追加をクリックします。今回はホスト用(Windows)×1とAndroid用の2つを新規作成してください。

※VPN接続したときにDHCPサーバーの割り当てられます

通常はこれでOKです。最初の「PPTPサーバーを使用する」のときにLAN側IPアドレスが…と表示された場合は、自分でLAN側IPアドレス=青枠部分を変更して保存します。(例えばLAN側を192.168.16.1とした場合割当ては192.168.16.2以降 50台分に自動割当てになります)。

変更後はルーターを再起動してください。

ルーターのセキュリティーをひらき「VPNパススルー>PPTPパススルーを使用する」にして設定は終わりです。PC設定時にInternet側IPアドレス(=グローバルIP)が必要になるのでメモしておいてください。

ホストOS(Windows10)の設定

ホストOSになるWindowsの設定をサクッと終わらせます。

Windowsロゴキー+Iで設定を開き「ネットワークとインターネット」をクリック。

「VPN接続を追加する」クリックして下記の情報を選択&入力します。

VPNプロバイダー:Windows(ビルトイン)
接続名:任意(ここではVPN)
サーバー名又はアドレス:ルーターのシステムでメモしたIPアドレス
VPNの種類:Point to Pointトンネルプロトコル(PPTP)
サインイン:ユーザー名とパスワード
ユーザー名:ルーターで設定したPPTP接続ユーザー
パスワード:ルーターで設定したPPTP接続パスワード

これでVPNの接続アイコンが追加されますがまだ接続はできません。

続いてアダプタのオプションをクリックします。

VPNのプロパティのセキュリティ、データーの暗号化「暗号化が必要(サーバーが拒否する場合は切断)」を選択します。

続いてコントロールパネルのシステムとセキュリティにあるリモートアクセスを許可します。これでVPS接続時にWindowsの共有したファイルにアクセスすることができます。

これで下記のようにVPN、共有と表示されていればOKです。

VPNの接続を最適化するために、コマンドプロンプトを管理者権限でひらいて「netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled」と入力してEnter。OKと表示されたらコマンドプロンプトを閉じます。

VPNに接続します。

下記画像で分かるようにインターネット接続はVPN経由になります。

PINGテストをします。

VPNに接続した状態でコマンドプロンプトを開いて「ping 192.168.*.1」としてEnter※は自分で設定したルーターのIPアドレスを入力=ルーターとの接続を確認

続いてping www.google.jp (pingの後にドメイン名)で、VPN接続でインターネットの接続を確認してください(エラー表示がなければOK)

PCの設定はこれで終わりです。

Android(スマホ)でVPN接続

スマホの設定を終わらすことでVPN接続している間は、自宅のPCにアクセスできるようになります。例えば下記のようにEXファイルマネージャーのLANからファイルにアクセスして音楽を聴くといった感じです。
私の場合はラズベリーパイにもアクセスできるようにしています。

手順はスマホによって少々違うかもしれませんが…

(1)Androidの設定>VPNにアクセスします
(2)VPNプロファイルの追加
(3)VPNプロファイルの「名前:任意」「タイプ:PPTP」「サーバーアドレス:ルーターでメモしたIPアドレス」で保存
(4)VPN接続時にAndroid用に作成したユーザー/パスワードを入力して保存

接続できましたら、コチラでグローバルIPを確認後、WindowsからPINGテストをします。

またスマホからWindowsへのPINGテストは『Network Tools』で行います。
Google Play ⇒ https://play.google.com/store/apps/details?id=ua.cv.westward.networktools&hl=ja

4G(LTE)でVPNに接続してからテストすると通信が確認できます。

これで全ての接続が確認できましたので『EXファイルマネージャー』などのLANに対応したファイルマネージャーを使用して、AndroidからWindowsにアクセスしてみてください。

接続できますので。

以上です。

スポンサーリンク