暗号化された通信でビデオ通話をする方法

TOXは、LINEと類似した無料のアプリですが、LINEとの違いは全て暗号化された通信で行われることです。

TOXはの通信はP2P接続を利用するのでサーバーを介しません。なので全ての内容は記録されません。※LINEや他のSNSサービスはサーバーを経由するためログなどの個人情報が残ります

パソコン⇔スマホ間、スマホ⇔スマホ間でも利用可能。

各デバイスのWebカメラを使用してSkypeのようなビデオ通話もできますし、ファイルを共有することもできます(ファイル共有のサイズに上限はありません)

TOXの使い方

まず下記からOSに合わせて実行ファイルをインストールします。

TOX ⇒ https://tox.chat/

起動後、名前とパスワード入力して『Create Profile』をクリック、ユーザー登録を済ませます。※次回起動時のログインに必要なので忘れないようにしてください

設定から日本語に変更。

通話内容の保存先を変更します。

連絡をとりたい相手にIDをメールなどで送信します。

受信したIDを連絡先に登録することで、通話ができるようになります。(電話・ビデオ通話・テキストチャットなど)※下記のようにファイルの転送にも使うことも可能

ビデオ通話/電話をする場合は下記画像の(1)を、テキストチャットをする場合は(2)を使用してください。ビデオ通話の画質は設定から変更できます。

ちなみにTorネットワーク経由のものを使用したい方は、機能は制限されますが、こちらのアプリを使用して下さい(Ricochet)

以上です。

スポンサーリンク