ログインパスワードが分からないパソコンからデータを取り出す方法

 

Windowsのパソコンはログインパスワードがなくても、簡単にパソコンの中からデータを取り出すことができます。

今回、パソコンからデータを取り出すために用意したものは、先日作成したTailsのライブUSB(OSを起動できるUSBメモリ)※UbuntuとかのライブUSBでもOKです

USB作成はこちら ⇒ TailsをUSBメモリにインストールする手順

準備はこれだけ。

以下、手順です。

①ログインパスワードが分からないパソコンのBIOSを起動してBootをUSBメモリに変更します(メーカーによって異なりますが簡単なので調べてください)

②Tailsを下記内容で起動します。

・Language – japanese(言語は任意)
・Encrypted Persistent Storage – 永久的ボリューム(USBにデータを保存して持ち出す場合は設定)
・Additional Settingsで「+」をクリックしてAdministration Passwordをクリックしてrootパスワードを設定する(任意)

③起動後ファイル>他の場所をクリックするとWindowsがインストールされているハードディスクを確認できます

④Windowsのストレージにアクセスするとrootパスワードを要求されますので②で設定したパスワードを入力して認証。

⑤Windowsのファイルが開きますので必要なデータを取り出します。

⑥Tailsの中に抜き出したデータを保存したい場合はPersistent(永久的ボリューム)に移動します※前回の記事を読んでもらえると分かりますが、あらかじめConfigure persistent volumeの設定が必要です。

またはネットワークの設定でSAMBAでも共有可能。ただ一番簡単なのはUSBメモリをもう一つ用意してそこにコピーすることですかね(どう感じるかは人それぞれなので…)

ちなみに自宅にあるWindows PC×4台ともパスワードを知らない体で確認しましたが、どれもデータにアクセスして取り出すことができました。

こう考えるとパソコンには誰でもアクセスができるので、大事なデータはやっぱり暗号化が必要ですね(⇒「VeraCypt」で暗号化された仮想ドライブを作成する手順

以上です。