Windows10をUSBメモリから起動する方法「Windows To Go」

USBメモリにWindowsをインストールして、USBメモリからWindowsを起動したい場合は「Windows To Go」のUSBメモリを作成します。

今回はPC初心者でも簡単に「Windows To Go」のUSBメモリが作成できるように手順を書いておくことにしました。

下記は、USB作成後にUSBドライブからWindowsを起動したあとの画像です。
(画像はクリックで拡大します)

以下作成の手順です。

(1)WindowsのISOファイルを用意します(ISOファイルをダウンロードする手順

(2)Hasleo WinToUSBを下記からDownloadして起動。(非商用にかぎり無償で使用できます)Hasleo WinToUSB ⇒ https://www.easyuefi.com/wintousb/index.html

(3)DownloadしたISOファイルを読み込み、Windowsのエディションを選択して「次へ」をクリック(今回は時間節約のためWindows10 S を選択)

(4)使用したいUSBドライブを選択します。

読み書きの速度が遅いUSBメモリを使用すると、下記のように「パフォーマンスに影響を与える可能性があります。」と表示されますが、起動自体に問題はありません。※USB3.0などの転送速度が速いものを使用した方が快適です

パーティション形式の選択はBIOSのBOOTで確認できます。古めのPCを使っている方は『BIOS用MBR』を選択してください。ここでいうところのBIOS用MBRはLegacyのこと。BIOSがUEFIの場合はUEFI用MBRで作成します。PCがどちらも対応している場合はLegacyで作成するば問題ありません※BIOSでの設定は必要

「レガシーやUEFIとは何?」と思われた方は先に下記の記事を読んでください。

参考記事⇒ 外付けUSBメモリからブートする時の手順(BIOS設定など)

(5)インストールモード:VHDを選択して「作成するディスク容量」を決定して「次へ」をクリック。※今回はそのまま全部を選択(レガシーを選択すると自動的に全部が選択されます)

(6)完了まで待ちます(概ね30分~1時間)

作成後、BIOSのブートをUSB優先にして起動、デバイスの準備>Windowsの初期設定画面が開きますので、通常通りの手順でインストール。
これで「Windows To Go」の完成で最初の画像のように起動できます。

スポンサーリンク