Windows10をUSBメモリから起動する方法「Windows To Go」

USBメモリにWindowsをインストールして、USBメモリからWindowsを起動したい場合は「Windows To Go」のUSBメモリを作成します。

今回はPC初心者でも簡単に「Windows To Go」のUSBメモリが作成できるように手順を書いておくことにしました。

下記は、USB作成後にUSBドライブからWindowsを起動したあとの画像です。
(画像はクリックで拡大します)

以下作成の手順です。

①WindowsのISOファイルを用意します(ISOファイルをダウンロードする手順

②Hasleo WinToUSBを下記からDownloadして起動(非商用にかぎり無償で使用できます)。
Hasleo WinToUSB ⇒ https://www.easyuefi.com/wintousb/index.html

③DownloadしたISOファイルを読み込み、Windowsのエディションを選択して「次へ」をクリック(今回は時間節約のためWindows10 S を選択)

④使用したいUSBドライブを選択します
※読み書きの速度が遅いUSBメモリを使用すると、下記のように「パフォーマンスに影響を与える可能性があります。」と表示されますが、起動自体には問題はありません。

ただ転送速度が速いものを使用したほうが快適です。

おすすめのUSB⇒【Amazon.co.jp限定】 Transcend USBメモリ 64GB

パーティション形式の選択はBIOSのBOOTで確認できます。形式が分からない方や少し古めのPCを使っている方は無難に『BIOS用MBR』を選択して下さい。

⑤インストールモード:VHDを選択して作成するディスク容量を決定して「次へ」をクリック※今回はそのまま全部(レガシーを選択すると自動的に全部)

⑥完了まで待ちます(30分~1時間)

作成後、BIOSのブートをUSB優先にして起動でデバイスの準備>Windowsの初期設定画面が開くので通常通りコルタナさんの言う通りにインストールすると「Windows To Go」の完成。

以上です。

スポンサーリンク