コンテキストメニューに表示される「ペイント3Dで編集する」を削除する手順

スポンサーリンク

 

画像選択時にコンテキストメニューに表示される「ペイント3Dで編集する」や「デスクトップの背景として設定する」を削除する手順です。

コンテキストメニューからペイント3Dを削除しても、アプリからは普通に使えますので問題ないと思いますし、背景も設定からおこなえます。

以下手順です。

①今回は数値変更ではなく完全に削除しますのでレジストリエディタを開き(Windowsロゴキー+Rでregeditと入力)、ファイル>エクスポートでレジストリのバックアップ名/保存先/バックアップ範囲をすべてにして保存します(インポートから回復できます)

②Ctrl+Fで検索Boxを開いて「SystemFileAssociations」と入力して検索します(PASSはコンピューター\HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations)

③SystemFileAssociations内にある画像の拡張子、たとえば今回は上の画像の拡張子「.jpeg」をクリックします。jpeg\Shell\3D Edit の「3Ⅾ Edit」を削除。

これで.jpegでコンテキストメニューを開いても「ペイント3Dで編集する」は表示されません。同様に.pngやjpgなど普段使用する拡張子の「3Ⅾ Edit」も削除します。

ちなみに「デスクトップの背景として設定する」を削除したい時は「3Ⅾ Edit」の下にある「setdesktopwallpaper」のフォルダを削除して下さい。

 

しつこいようですが、今回の変更は必ずバックアップ後に行って下さい。

以上です。