OSやブラウザに残った個人情報(オートコンプリートなど)を削除する方法

スポンサーリンク

 

PCを使用していると自然に蓄積される不要なデータをまとめて削除したいけど、なにを削除したらいいのか分からない場合(分かっていても面倒な場合)、「Privacy Eraser」を使用することで各ブラウザに残った自動入力(オートコンプリート)や観覧履歴のキャッシュ。OSで設定した無効な環境パス、ソフトのインストール時に残った不要なレジストリ情報などを削除できます。

Privacy Eraser ⇒ http://www.cybertronsoft.com/products// 
※起動後、User Interface>Language>日本語に変更>Apply。

 

基本的な使い方は、スキャン>クイッククリーンでOK(ただし初期設定では無難なものしか削除対象になっていないためオートコンプリートなどは残ります)

ちなみに私は会社のPCで試したのですが下記のように設定しました(ログ・キャッシュ・一時ファイル・エラーレポート・環境パス・不要なレジストリを選択)

他の機能としてファイル/フォルダの完全削除(無料の場合は1passesなので意味がありませんが…)、HDD/SSDなどのディスク情報の削除なども可能。またスタートアップの管理やソフトのアンインストールも可能です。

またクリーンアップのスケジュールを設定したりモニタリングすることも可能です。

ただし常駐するソフトなのでクリーンアップ後に使用を続けるかは個人の好みですね(私は削除)

以上です。