PDF編集ソフト「PDFelement 6 Pro」をオススメする理由(業務効率化)

今の御時世、PDFファイルを上手に扱えないと社会人としては困りますよね。

でも意外に編集できない人が多かったりします(出来て当たり前なのに・・・)

なので人並み…以上に、綺麗に効率よくPDFファイルを編集&作成したい場合は、昨年の「Vectorプロレジ大賞」にて「文章作成・印刷 部門賞」を受賞したソフト「PDFelement 6 Pro = PDFエレメントシックス プロ」がお薦めです。

PDFファイルのテキスト編集は勿論、結合や分割、他のファイル形式への変換、OCRなど、PDFに関する全ての作業を一元化することができ、それにより業務効率化=生産性向上=評価向上も期待できます。

PDFelement 6 Pro の基本的な機能

■PDFの編集・・・PDFファイルの編集(テキストの追記や修正・OCR・分割・注釈など)
■PDF変換・・・PDFファイルをOfficeなど18種類の形式に変換することができる
■PDF作成・・・スキャンした画像から編集可能なPDFファイルの作成
■PDFの結合・・・複数形式(xlsx、docx、jpg、txt)をまとめて1つのPDFファイルにする
■パッチ処理・・・複数のPDFファイルをまとめて1つの別形式に変換
■PDFテンプレート・・・テンプレートを無料でダウンロードできます

価格は年間ライセンスで8,280円(税込み)、永久ライセンスが9,980円(税込み)と、有名なPDF編集ソフトと比較しても低価格なので価格的なメリットもあります。※公式サイトに比較表が掲載されていますので、気になる方は確認してみて下さい。

公式サイト(無料体験)⇒ 『 PDFelement 6 Pro 』

また10台以上のPCで利用可能な法人向けプランでの利用も可能です(⇒ 導入するメリット

スポンサーリンク

PDFelement 6 Proの使用感

では実際にPRO版を使用して「どれだけ効率的にPDFの編集を行えるか」を、色々なパターンで具体的に説明します。

「あなたは現状で下記のことが出来るのか」を考えながら読んでみて下さい。

まずはPDFの編集です。

PDFファイルをExcelやWordなどの別形式に変換したい場合は、形式を選択するだけです(下記の画像はPDFをWordに変換)※画像をクリックすると拡大します

下記のグラフはExcelで作られたPDFファイルです。

「PDFelement 6 Pro」でPDFファイルを開くと、Microsoft Officeで作られたPDFファイルの場合は下記画像のようにテキストの選択可能な状態で開きます。なのでテキストを編集したいところをクリックして入力や削除をするだけ…と、なにも考えずに編集を行うことができます(直観操作)

また、エクセルで作成された表(フォーム形式)も「フィールド認識」という機能を使うことでフォーム内に文字を簡単に入力することができます※PDF編集ソフトによくあるテキストBOXを作成後に入力するパターンでも編集可能です。

同様、Microsoft Wordで作成されたPDFファイルの場合は「Word」で作業しているのとほぼ同じ感覚で使用できます。例えば画像を挿入したりフォントサイズを調整したりと細かい編集も可能です。またリンクの作成(クリックするとWebページに接続する)、盗用防止の透かしや、不要な余白部分を切り抜きも簡単です(トリミング)

重要な部分をハイライト(蛍光ペンで塗りつぶす)、訂正などはテキスト選択後に選択することでおこなえます。

PDF作成機能を使えば、画像データからテキストを抽出(OCR)してPDFファイルに変換&編集することもできます(スキャンしたPDFファイルも同様にテキストの抽出>編集可)。

OCRの精度を検証するために「国内で精度が高いと言われているOCRオンラインサービス」と「PDFelement 6 Pro」とキャプチャ画像を使用してOCRしてみたところ下記のような結果になりました。

下記は「有名な日本語対応のオンラインサービス」でOCRした場合(使用できないレベル)

下記は「PDFelement 6 Proで編集可能なPDF」にOCRした場合(記号・リンクなど一部修正が必要ですが使用できるレベル)

PDFの分割は、編集画面で「ページを抽出する」を選択。任意の形式で保存できます。

他にも作成したPDFには下記のセキュリティパスワードを設定することもできます。
・オープンパスワード・・・PDFを開くためにパスワードを設定
・使用許可・・・印刷(印刷不可・低解像度・高解像度)、PDFの編集(編集不可・フォームフィールドへの記入と電子署名可・電子証明不可・ページ抽出以外の任意操作可)

最後に作成したPDFファイルのサイズが大きくなりすぎてしまった場合でも、保存前に「最適化」から任意のサイズに圧縮することができます。

個人的にとても使いやすいソフトだと感じたので書きました(久しぶりに長文を書いたので疲れました…)

以上です。

スポンサーリンク