外付けHDDを仮想的に1つにまとめる方法「VVAULT」

外付けHDDやUSBメモリを1つの仮想ボリュームとして扱う方法です。

複数のHDDをダウンロードしたデータの保存先として接続しているが、毎回保存先を変更するのが面倒な場合など、1つのストレージとしてPCで認識させたいときなどに有効です(仮想的にまとめるだけなのでRAIDの機能は使用できません)

参考までに、USBで接続された外付けHDD×2を1つにまとめます。

以下、手順です。

(1)ソフトは「VVAULT」の無料版を使用しますので、下記から実行ファイルをダウンロード後、デフォルトでインストールします。

VVAULT ⇒ http://vvault.jp/download/index.html

(2)VVAULTの管理コンソールにアクセスします。(使用しているパソコンのアカウント名/パスワードを入力します)

(3)下記の画面が開きますので、作成する仮想ドライブ(=仮想HDD)を登録します。作成はUnmountの状態で、仮想ドライブを選択※高速など=優先順位です

(4)作成した仮想ドライブに、まとめたいデバイスを順番に登録します(無料版は2つまで登録可能)

(5)登録した仮想ドライブを選択してmount。(外したいときはUnmountを選択)

(6)HDDを一つにまとめた仮想ドライブが作られます。

クラウドや接続可能ストレージ数が無制限になるPersonal Plus(有料版)は1か月500円で使用できます。もしたくさんのストレージをお持ちの方は試してみてもいいと思います。

以上です。

スポンサーリンク