外付けドライブにUbuntuを直接インストールする手順

スポンサーリンク

 

外付けのUSBメモリ(または外付けのHDD/SSD)にUbuntuを直接インストールする手順です。

外付けのUSBメモリにインストールしますので、現在使用している内臓ドライブのWindowsシステムには全く影響はありません。「WindowsSubsystem for Linux」でbashが使用できるので特に必要ないかもしれませんが・・・作ってみたいなと思ったら試してみて下さい。

 

以下手順です(途中・・・スマホで撮影したため画像が少し悪くなります)

 

①UbuntuのISOファイルをダウンロードします
Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード

 

②BurnAware(free)を起動して「BurnISO」を選択、ISOファイルをDVD-Rに書き込みます。

③DVDからUbuntuを起動して「Ubuntuをインストール」をクリック。

④必要なものにチェックをいれ「続ける」をクリックします。※私はインストール後にアップデートしましたが、少しだけ面倒だったので慣れていない方は「アップデートをダウンロードする」にチェックを入れた方がいいかもしれません(任意)

⑤インストールの種類は「それ以外」を選択します。

⑥USBメモリの部分をダブルクリックしてパーティションを変更します。
私は15GBのUSBを使用したのでシステムの容量を11GBに設定。ファイルシステムを「ext4ジャーナリングファイルシステム」、マウントポイントを「/」としました。

⑦「ディスクへの変更を書き込み、継続しますか?」と聞かれるので「続ける」を選択します。

⑧余った容量には、新しいパーティションの作成から「スワップ領域」として割り当てます。※スワップ領域とはメモリが不足した際にストレージで補う領域

⑨続いて最下部にあるブートローダーのインストール先をUSBメモリに変更。
「以下のデバイスのパーティションが変更されます」の先がUSBメモリになっていることを確認して「続ける」をクリックします。あとは通常通り進行して、使用する地域とPCのアカウントを作成、BIOSでUSBブートを選択して起動させます。

⑩sudo apt-get update や sudo apt-get upgrade などの一連の作業を終わらせます。

⑪インストール後のパーティションを確認してみるとシステムだけで約5GB…

USBメモリがあればどこでも同じ環境でUbuntuを使用できます。ただし作るのには少し時間がかかりますので暇な時に作ることをおすすめします。

以上です。