情報保護モードでGmailを送信する手順

新しいGmailに追加された『情報保護モード』でメールを送信する方法です。

Gmailを『情報保護モード』で送信することで、開封時にパスコードの入力を必要、また転送・コピー・ダウンロードを禁止することができます。

ということで、まだ旧モードを使用している方は『新しいGmail』に変更してください。

Gmail ⇒ https://www.google.com/gmail/

情報保護モードでメールを送信するには、作成>メール本文を記入>保護モードアイコンをクリック。メールの有効期限を選択>パスコードのありなしを指定して保存>メールを送信の順になります。

SMSパスコードを使用する場合は、受信側の電話番号を入力する必要があります(090-1111-1111なら9011111111で入力)

受信側が情報保護メールにアクセスし『パスコードを送信』をクリックすると、受信側のSNSにパスコードが送信されます。送信されたパスコードを入力することで、下記画像のように『情報保護モード』で送信されたメールを観覧することができます。

以上です。

スポンサーリンク