GIMPやPhotoshopで写真に写りこんだ不要なものを削除する手順

スポンサーリンク

 

撮影した写真に「ゴミ」などが映り込んでしまった場合に違和感なく削除する手順を書きます。今回は「Photoshop」とフリーソフトの「GIMP」を使用した2パターンを順番に書いていきます。

まずはPhotoshopを使用して下記の画像から「人」を削除してみます。

これは多角形選択ツールなどで削除したいものを囲み「Deleteキー」をクリック。コンテンツに応じるでOK。

少ない手順で綺麗に削除できますね。

Inpaint」は有料のシリアルキーを購入しないと保存できないのですが、簡単で綺麗に削除することができます。機能が単純なので初心者はコチラの方が使いやすいと思います。

無料ソフトでも背景を補填して被写体のみを削除するソフト「PhotoWipe」など、一応あるにはあるのですが実用できるレベルではありません。どうしても無料ソフトを使用するならGIMPを使用した方が綺麗にできます。ただし上記ソフトのように囲んで削除というわけにはいきません。

たとえばGIMPを使用してここから「人」を取り除きたい場合、

スタンプツールをクリック>右のツールオプションでコピーするサイズなどを指定>コピーしたい部分でctrl+左クリックでコピー、あとはコピーして塗りつぶしです。

面倒ですが、これを繰り返して削除ですね(下記の画像は適当にやったので綺麗ではありませんが・・・)

小さいオブジェクトを削除したいだけなら、この手順でGIMPでも簡単です。

以上、お試しください。