UbuntuでPlayOnLinuxが動かない場合の対処法

スポンサーリンク

Ubuntuで「PlayOnLinux」を使用する方法を簡単に書いておくことにしました(知らない人のために書いておくと「PlayOnLinux」は、Linux環境でWindowsのソフトを簡単に動かせるプログラムだと思って下さい)

この記事を読んで下さっているということは「PlayOnLinux」がうまく起動してないと悩んでいる最中だと思いますので手短に解決策を書いておきます。

ちなみにどうやっても動かないソフトはありますのでご了承ください(そのあたりは公式サイトを参考にして下さい)

スポンサーリンク

PlayOnLinuxのインストールの仕方

まずインストールの仕方は公式サイトに書いてありますし特に説明は要らないとは思いますが書いておきます。

Firefoxで公式サイトに接続して下記画像の青枠へアクセスしてインストールします(正直、STRONG ZEROを飲みながらだったので…記憶が曖昧ですがボタンからインストールしたと思います)普通に$sudo apt-get install playonlinuxでも…良かったとは思うのですが…

続いて下記は信頼できるバージョンなのでターミナルに考えずに入力します。

$wget -q “http://deb.playonlinux.com/public.gpg” -O- | sudo apt-key add –
$sudo wget http://deb.playonlinux.com/playonlinux_trusty.list -O $/etc/apt/sources.list.d/playonlinux.list
$sudo apt-get update
$sudo apt-get install playonlinux

説明にある上級者用のi386のインストール($sudo apt-get install wine:i386 )は不要です。またWineの公式サイトで最新盤を入手することも可能ですが、これも不要です。

「PlayOnLinux」のバージョンに拘る必要はありません。

大事なのはPlayOnLinuxは日本語環境に対応していないので、システム言語を日本語から英語に変更することです。手順としては設定>ユーザーの設定で言語を日本語からEnglishに変更>再起動ですね。これをしないとPlayOnLinuxを起動してもグルグルまわっているだけで永遠にソフトは読み込まれません。

システム言語を英語に変更することで下記のようにWindows用ソフトの読み込みが可能になります。

2018年使う人がいるのかは疑問ですが一応書いてみました。

ここまでくれば使い方の説明も不要ですよね。

以上です。