Windows 7/8.1/10にVim(Linuxのテキストエディタ)をインストールする方法

スポンサーリンク

 

Windows 7/8.1/10にVim(Linuxのテキストエディタ)をインストールする方法です。

テキストエディタというと難しく聞こえるかもしれませんが、Windowsでいうところのメモ帳を便利にしたものと考えてもらえるといいと思います。

以下、手順です。

①下記から実行ファイルをダウンロードします(現行は gvim81.exe)

vim online ⇒ https://www.vim.org/download.php

 

②Vim8.1をインストールします※下記のチェックは任意で外してください

Create icons on the Desktop(デスクトップにアイコンを作成する)
Add Vim to the Start Menu(スタートメニューにVimを追加する)
Add an Edit-with-Vim context menu entry(コンテキストメニューに追加する)

下記はデフォルト。

 

これでインストールは終了です。すぐにでもVimを使用できるのですが、最初は使い方が全く分からないと思いますので、スタートメニューにある「Vim tutor」から基本的な使い方を覚えます。たとえば:qで終了(:wが上書き保存、:q!でファイルを保存せずに終了とか)

使い方を覚えたらVimを簡単にした「gVim」を起動します。これだとコマンドを覚えなくても文字の置換だったりファイルの保存などできます。

コードを書く場合も複数の言語に対応しているので便利だと思います。

 

勿論慣れている方は普通にVimを起動して使用することも可能です。初期設定で日本語の入力も可能なので「Windows Subsystem for Linux」のVimと比較すると面倒な設定も要らないだけ簡単だと思います。

これまでVimを使ったことがない場合、勉強のつもりで使ってみて下さい。

以上です。