もう失敗しない!LinuxのISOファイルをUSBメモリーに書き込む方法

スポンサーリンク

 

UbuntuやCentOSといったOSをUSBメモリから起動しようとして書き込んだけど失敗したことがありませんか?BIOSの設定は間違っていないはずなのに・・・「なんで起動しないんだ!」って思うことありますよね。

ということで、以前にも少し書いたんだけどLinuxのISOファイルを100%失敗しない方法でUSBメモリに書き込む手順を書いておきます(私の環境では・・・ですが)

経験上、LinuxのISOファイルを専用ソフトを使用してUSBメモリに書き込むとほぼ失敗しますw でもイメージファイルに変更後に書き込むと100%成功します。

イメージファイルに変更する手順は、ISOファイルのプロパティを開いて「読み取り専用のチェックを外す」、セキュリティはどっちでもOKです。これで適用。

 

名前の変更でISOをimgに変更>ファイルが使えなくなる可能性がありますは「はい」を選択。

 

 

念のためUSBメモリはFATでフォーマットしておくといいかもしれません(ソフトによっては自動でフォーマットしてくれますが・・・)

 

 

あとは「Win32 Disk Imager」などのIMG対応ソフトで書き込みます。

「Win32 Disk Imager」⇒ https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

①IMGファイルを読み込み
②USBメモリを指定
③Write=書き込み

これでOK。

BIOSへの入り方はメーカー依存なので調べてもらうことにして、設定は難しくありません。例えばBOOT MENUを開いてBoot ConfigurationのExternal Device Bootを「Enabled」、Boot PriorityのExternal Disk Driveを一番上に移動だったり、DELLならSetting>General>Boot Sequenceで書き込んだUSBメモリを一番上に移動だったり・・・これは感覚でいけるはず。

以上です。