家族と共有しているPCで、自分だけしかアクセスできないフォルダを作成する方法

家族で1台のPCを使用している場合、通常は個々のアカウントを作成していますよね。

ただし、その場合は個々のプライバシーがない状態で使用することになります※通常はCドライブのユーザーから全員のフォルダーやファイルにアクセスできます。

我が家の場合はリビングに置いてある予備のPCは家族の共有として全員のアカウントを作成して使っているので、そこにはプライバシーがありません(みんな自分専用のPCがあるのでそれでも問題ないといえば問題ないのですが…)

ということで共有しているPCの自分のアカウント内に自分専用のフォルダを作成したので手順をメモっておきます。

フォルダを作成してプロパティを開きセキュリティのタブを開きます。アクセスの許可を編集するために「編集」をクリック>編集するユーザーを追加します。

ここで家族のユーザー情報を追加するため詳細設定>検索をクリック。

家族のアカウント名を選択して「OK」をクリック

自分専用フォルダに家族のアカウントが追加されたので「すべてのアクセスを拒否」します。家族全員分のアカウントを同手順で追加してアクセスを拒否してください。

ちなみに子供のアカウントから私のフォルダにアクセスすると下記のように表示され、フォルダを開くことはできません。

暗号化してプライバシーを守るという方法もありますが復号が面倒だったりするので、こちらの方法の方が楽だと思います。

スポンサーリンク