「Gmail」や「Outlook」から暗号化したメールを送信する方法

メール暗号化サービス「Mailvelope」は、GmailやOutlook、Yahooメールなどが使用できる無料のメール暗号化サービス(公開鍵と秘密鍵)を使用して暗号化メールを送信する方法と、Outlookのみになりますが「Sendinc」を使用した方法を書いておきます。

どちらも設定後は通常のメールサービスと変わらない感じで使えます。

まずはChromeウェブストアから「Mailvelope」をインストールし、追加された拡張の「Configure Mailvelopeスタート」をクリック。

下記の画面が開きますので「鍵の生成」を選択後、氏名・自分のメールアドレス・パスワードを入力し「鍵を生成」をクリックします。今回は鍵サーバーを使用しないのでチェックを外しても問題ありません。

メールの受信者側に公開鍵を送るために鍵をダウンロードします。(鍵の表示>詳細>エクスポート>公開鍵>保存)

ダウンロードした公開鍵を受信者側にメールなどに添付して送信します。受信者側は鍵リングの準備>鍵をインポート>ファイルから『鍵をインポート』を選択して、送られてきた公開鍵を読み込みます。

これを双方向(受信者側・送信者側)で設定すると鍵の管理は下記のようになります。(自分の作成した鍵が主鍵と表示)

これで準備はおしまいです。

Gmailを開き、メールの新規作成をクリックすると暗号化用の窓が表示されるのでクリックしてメールを入力します。

暗号化をクリックすると下記のように表示されるので送信します。

公開鍵の設定ができている場合は、パスワード入力画面が開きますのでパスワードを入力してください。設定が間違っている=公開鍵が読み込まれていない場合は開けません。(パスワードは送信者に確認)

また暗号化オプションから送信者を選択して、添付用のファイルを暗号・復号することもできます。

Sendinc Free Encryptionで暗号化メールを送信する(Outlookのみ)

別の方法として「Outlookに暗号化アドインを追加して暗号化されたメールを送信する」方法を書いておきます。

暗号化には「Sendinc」を利用しますので下記から会員登録してください(無料ですし、暗号化したいメールアドレスとパスワードを登録するだけです)

ただし無料アカウントの場合は、全てメールの合計サイズが100MBまで、保存期間は7日、1通あたりのメールサイズは最大10MB、1日20人までの制限があります。

Sendinc Free Encryption ⇒ https://www.sendinc.com/

ログイン後は下記のようにオンラインサービス上でもメールを送受信することができます。

「Sendinc」で送信されたメールは下記のように届きます。受信者した側(がわ)は「View Secure Message」から「Sendinc」の会員登録をすることで、暗号化されたメールを読むことができるようになります。※一度パスワードを記憶させてしまえば簡単です

オンラインサービスで使用する手順はこれだけです。

Outlookに暗号化アドインをインストールする

先ほどのURLからアドインをダウンロード&インストールします。

Outlookを起動してアドインが追加されていることを確認してください。もし追加できない場合はセキュリティソフトの問題だと思いますので一旦停止してインストール。

準備はおしまいです。

暗号化メールを送信する場合は、アカウントの欄にある「Sendinc」を選択して「新しいメール」をクリック。

Send Secure via Sendinc(Sendinc経由で安全に送信する)にチェック。
下記のオプションを選択して送信します
□ SAVE to Sent Folder(送信済みアイテムに保存する)
□ Copy Me(sendincから同じ内容のメールを登録したアドレスに送信する、オンラインで使用しているときにPCのメーラーの送信するということ)

※Expire When Read/Notify When Readは有料のアカウントが必要です。

これで暗号化したメールを送信することができます。

スポンサーリンク