WIndows10の標準機能でPCの画面を画像として保存する方法(スクリーンショット)

 

Windows10で追加された「Snipping Tool」を使ってPCの画面を撮影する方法を書いておきます。

今までWindowsでは「Print Screenキー」を使用することで画像を保存してきましたよね(私の場合はPicPickを使用してPrint Screenキーを押すことで保存画面が表示されるようになっていました)

個人的には、今でも「PicPick」を使ってブログで使用する画像を撮影して直接加工しているので「Snipping Tool」を使う機会は少ないのですが、フリーソフトを使えない環境やフリーソフトをインストールしたくない方は覚えておくと役に立つと思います。

では、簡単に使い方を説明します。

「Snipping Tool」はWindowsアクセサリの中にあります。

 

最初にすることはモードの選択です。

「自由形式の領域切り取り」は使いにくいので、「四角形領域」か「ウィンドウの領域=自動的にアクティブな画面を選択する」がメインになると思いますが、「ウィンドウの領域」が一番使用頻度が高くなると思います。

例えば、某ソフトの画像を枠に沿って綺麗にスクリーンショットを撮影したい場合は、「ウィンドウの領域」を選択してマウスポインターを近づけると下記のように自動的に赤枠で囲まれますのでクリックすることで画像として保存できます。

続いて編集画面が開きますので、そのまま保存したい場合はファイル>名前を付けて保存します。失敗した場合や撮り直したい場合は「新規作成」をクリックすることで戻れます。

編集画面から「ペイント3D」のボタンをクリックすることで、テキストを入力したり、マジックやトリミングで画像の一部を切り出したりもできます。

キャンパスを選択することで画像サイズの変更もできます。話はそれますがペイント3Dのキャンパスは画像の比率を保ったままサイズを縮小・拡大できるので覚えておくといいと思います。

使ってみると本当に下手な画面撮影ソフト(スクリーンショットを撮影するソフト)を使用するくらいなら「Snipping Tool」をスタートメニューなどに登録しておくほうが余程便利に使えるなと感じました。

私の場合は、もう何年も前から「PicPick」を使っていて慣れてしまっているので、今からメインソフトを変更する気になれないので使いませんが「これから何使おうかな?」と思っている方は「Snipping Tool」に慣れたほうがいいと思います。

ブラウザ上の画面ならゲームバーを使って撮影することもできますが、スクリーンショットをゲームバーで撮るのは…変ですよねw

以上です。