Windowsのデスクトップ画面上に、Raspberry Piのデスクトップ画面を表示して操作する方法

Windowsのデスクトップ画面上に、Raspberry Piのデスクトップ画面を表示して操作する方法です。

といっても、ただのVNC接続ですが、初心者向けに書いておきます。

こんな感じ↓

ちなみにRaspberry Pi(ラズベリーパイ)は、5,000円ほどで買うことができるLinux系の小型PCのことです。

一般的なラズパイ3のスペックはUSB端子×4、無線LAN内蔵、CPU:クアッドコア、メモリ1GB。電子工作が好きな人とか、Linux系のPCを予備で持っておきたい人とか・・・サーバーを作りたい人とか・・・

っていうか、これ!みんな持っていますよね・・・

念のために書いておくと、初めて購入する場合は、むき出しだとキツイのでケース付きをラズパイを購入して、OSをインストールするmicroSDカードを用意します。(OSはRaspbianで5GBしか使いません)。あとはモニターと接続するHDMIケーブル、モニター本体、マウス&キーボードがあればOKです(Bluetoothも使用可)

「ややこしいな」と思ったら「コンプリートスターターキットってのもあります。

初期設定にかかる時間は、1時間もかからないと思います。

Windows上にRaspberry Piのデスクトップ画面を表示する

以下、手順です。

(1)ラズパイのVNCを有効にします。(設定>Raspberry Piの設定>VNCを有効>OK)

(2)このときに、ラズパイのIPアドレスを確認しておきます(ターミナルでifconfig)

(3)Windowsに「VNC Viewer」をインストールして起動すると下記の画面が開きますので、VNC ViewerにラズパイのIPアドレスを入力してEnter。

(4)ラズパイで設定したユーザーネーム・パスワードを入力してOK。

(5)これでWindows上にラズパイのデスクトップ画面が表示されて操作できるようになります。

ネットワーク接続なので、少しだけのタイムラグがありますので、CUIに慣れたらSSHの方がいいかも・・・しれません。

以上です。

スポンサーリンク