ノートPC バッテリーの詳細を調べる方法(劣化度合い)

ノートパソコンのバッテリー劣化度合い(設計能力と現在のフル充電容量)や、バッテリーだけで使用した場合の連続使用時間の計測、過去3日間の使用履歴。

またバッテリーの交換時にシリアルナンバーや型式名などを知りたい場合は、下記のコマンドを入力することでレポートを表示することができます。

以下、手順です。

スタートメニュー>Windows PowerShell>管理者として実行する

PowerShellに下記のコマンドを入力

powercfg /batteryreport

これでC:\Windows\System32\にbatteryreport.htmlが作られます。

ここからレポートを開くこともできますが、batteryreport.htmlと入力してEnterの方が楽です。

これでレポートが開きます。

私の使用しているバッテリーはVGP-BPS26。

購入時のバッテリー容量は設計値で45,360mWh。

ただし…現状は70%ほど劣化してフル充電しても13,570mwh。

購入時の30%…ってところですね。

バッテリーの使用方法をACから電池に変更して計測してみると、残り10%までの時間は48分32秒…

そして日々バッテリーが劣化しているということも確認できます。

私の場合は、AC電源(コンセント交流)でしか動かさないので、別にいいですけど(苦笑

話は変わりますが、大昔に僅かなお金をケチって互換のバッテリーを購入したせいで、毎回起動時BIOSの設定が必要という…けっこう面倒なことになったことがあります。

もしバッテリーを購入されるなら絶対に純正にしたほうがいいですよ。

スポンサーリンク