PowerShell 初心者向けの基本コマンド(アプリの起動など)

PowerShellの使い方をメモ程度に書いておきます。

すぐに終わるので、暇な人は一通り動かしてみて下さい。

コマンドプロンプトとあんまり変わらないですが…

Windowsロゴキー+xでPowerShellを起動。

pwd・・・カレントディレクトリの確認(現在地の確認)

dir(Get-ChildItemでもOK)・・・lsと同じ。現在地のフォルダ・ファイルを表示する

cd ○○(チェンジディレクトリ)…dirで確認した場所に移動する 例:cd Desktop

cd ~(ホームディレクトリに移動)、cd..(一つ上の階層に移動)

別のドライブに移動したいので、DISKPART> LIST VOLUME で確認。確認後はEXIT。 管理者で実行している場合はそのまま確認できます

上で確認したドライブに移動するには Set-Location E: (Eはドライブレター)

ちなみに、C:\Program Files (x86)のパスは PROGRA~2 、C:\Program Filesのパスは PROGRA~1

ファイルを開きたい時は Invoke-Item ○○ 例 E:\Move> Invoke-Item *.mp4 (ワイルドカード *を使うと簡単。たとえば12345.mp4なら *5.mp4)

PowerShellでLinuxのコマンドを使えるようにするため、Ubuntuをインストール。「wsl」コマンドを使うことでtouchコマンドなどが使えます(最初からLinuxのコマンドの方が簡単w)

外部からインストールしたアプリを起動したい場合は、Start-Process ○○ ←exeの入力は必要なし。Officeとかもこれで起動できます。

例:Start-Process EXCEL / Start-Process CHROME / Start-Process Photoshop とか←大文字/小文字は関係なし

Windowsに入っている実行ファイルは、名前を入力するだけで起動。例:notepad explorer

シャットダウン stop-computer / 再起動 restart-computer

コマンド操作は楽しいと感じたはずw

スポンサーリンク