Chrome『保護されていない通信』の文字を非表示にする手順

ChromeのDefault(通常の設定)では、http://にアクセスすると『保護されていない通信』と表示されます。

この『保護されていない通信』のUIを変更する手順は下記のとおりです。

ChromeのURLに『chrome://flags』と入力して『Mark non-secure origins as non-secure』と検索します。

すべてのhttp://のサイトを『保護されていない通信、または危険』としたい場合は『mark as actively dangerous』を選択してRELAUNCH NOW。

これで分かりやすく赤色で表示することができます。

ちなみに『mark with a Not Secure warning』『mark with a Not Secure warning and dangerous on from edits』『mark with a Not Secure warning and dangerous on passwords and credit cards fields』は見た目的には『Default』と同じでした。

最後に『Disabied』を選択すると『保護されていない通信』の文字が消えてマークだけの以前のUIに変更できます。

正直、気にならないところだとは思いますが、『文字が邪魔だな』と思ったら非表示にしてください。

スポンサーリンク