Android⇔Ubuntu間でファイルを転送する方法「KDE Connect」

「KDE Connect」は、LinuxとAndroidのデバイス(スマホなど)をペアリングすることで、ファイルの送受信、開いているWebのページの双方向での共有、メディアプレイヤーをコントロールしたりと、とにかく便利なアプリなので是非使ってみて下さい。

設定も楽ですし、ちゃちゃっと終わらせると使いやすくなりますよ。

スポンサーリンク

KDE Connectのインストール

「KDE Connect」はUbuntソフトウェアで検索してインストール(これが一番簡単)

続いてAndroid(スマホ)にもインストールします(Google Play)

スマホでKDE Connectを起動して右上にある設定からRefreshをクリック>Ubuntuのアカウント名をクリック>REQUEST PAIRINGを選択>ペアリングが開始されます。

Ubuntuでも下記のようにAndroidのデバイスが表示されるので「Accept」をクリック。これでペアリングは完了です。

ファイヤーウォールを使用している場合はポートを開いてください。

ufwを使用している場合は以前に書いた Ubuntu ファイアウォールの設定と確認の仕方の記事を確認してください。

$ sudo ufw allow 1714:1764/udp
$ sudo ufw allow 1714:1764/tcp
$ sudo ufw reload

KDE Connectの使い方

ペアリングをすることでAndroidデバイスで下記のことができるようになっています。

「Send file」=ファイルの送信
「Remote input」=マウスコントロール+キー入力
「Multimedia Control」=Ubuntuで再生中の音楽をコントロール
「Run Command」=シャットダウンなど

UbuntuからAndroidデバイスへファイルを送信したいときは、右上にあるアイコンから「Send file」を選択>ファイルを選択して送信。※スマホから送信する場合も同様です

Chrome拡張「KDE Connect」のインストール

UbuntuとAndroidで開いているページを共有できるようにします。

Android(スマホ)だと、Chromeをメインブラウザとして使用している人のほうが多いと思うので、UbuntuにChromeをインストールします(手順:UbuntuにChromeをインストール

続いてChromeでKDE Connectを使う下準備としてターミナルを開いて下記の順に進めます。

$ wget https://github.com/pdf/kdeconnect-chrome-extension/releases/download/v0.1.3/kdeconnect-chrome-extension-v0.1.3-linux_amd64.tar.xz
$ xz -dv kdeconnect-chrome-extension-v0.1.3-linux_amd64.tar.xz
$ tar xf kdeconnect-chrome-extension-v0.1.3-linux_amd64.tar
$ rm -r kdeconnect-chrome-extension-v0.1.3-linux_amd64.tar
$ ./kdeconnect-chrome-extension -install

下記の画面が開くのでスペースでChrome/Operaを選択してEnterでDone.。

準備ができたらインストールしたChromeを起動してChrome Webストアから拡張をインストールします(KDE Connect

これで今見ているページをスマホに送ることができるようになります。※スマホで見ているページをUbuntuに送信したい場合は、共有からKDE Connectを選択

スマホからUbuntuをシャットダウンできるようにしたい場合は、「Ran Commands」でSuspendを選択してOK。これでAndroidの「Run Command」にSuspendが追加されます。

最近、WindowsからUbuntuに本格的にきりかえるか思案中…

スポンサーリンク