Win+R(ファイルを指定して実行)の代替ソフト「Windows Run-Command」

Windows Run-Commandは、Windowsロゴキー+R(=ファイル名を指定して実行)を置き替えることで拡張することができるフリーソフトです。

「Windowsロゴキー+R」で起動し、登録したコマンドを実行できます。一般的なコマンド「regedit」「Contol」「cmd」などは下部にアイコンとして登録されているため、コマンドを入力することなく実行できます。

Windows Run-Command
http://www.softwareok.com/?Download=Run-Command

「お気に入り」には、エクスプローラ・システム関連のパスが複数登録されていますが、任意のパスやURLなどを追加で登録することもできます。

「お気に入りの整理」では登録したラベルの修正やコマンドの割り当ても可能。オプションから、スタートアップの登録、タスクトレイに最小化などの選択も設定することができます。

コマンドを管理者として実行したい場合は「Ctrl+クリック or Enter」で実行できます。

「Windowsロゴキー+R」をよく使用される方は便利に使えると思いますよ。

毎回入力するのも結構面倒ですし…

スポンサーリンク