大量のPNG画像を一括でJPGに変換したい時は「XnConvert」がおすすめ

ブログのページの速度を少しでも早くしたいと思うところがあり、Googleの速度検査をしているとあるページが100点満点のところ10点しかありませんでした。「どんなページなのかな?」と確認したところ画像を20点使用、しかも圧縮無しのpngで1枚当たりの平均が500kbもありました。このままPNGで圧縮してもいいけど、最終的なファイルサイズを考えるとjpgの方が小さくなるのは目に見えているのでjpgに変換することにしました。

2~3枚くらいなら、PhotoshopでもGimpなどインストールしてあるソフトで圧縮できますが20枚もあると、さすがに時間もかかる。無駄に時間をかけたくないということで、以前使っていたフリーソフト「XnConvert」を使うことにしました。

まとめて画像の拡張子を変換したい時には使えるソフトです。

XnConvert ⇒ https://www.xnview.com/en/xnconvert/#downloads(ポータブル版あり)※手直しで個人的にしばらく使用するのでインストーラーを選択

使い方は至って簡単なので直感で操作できるとはおもいますが、まずは「ファイルの追加」で形式変換したいファイルを読み込ませます。

続いて、①出力先フォルダを選択>②変換後のファイルネーム>変換したい画像形式を選択>メタ情報を保持(一応)>④変換

登録した画像の形式一括変換が始まります(一瞬)

設定は次回以降も引き継がれますので、次回からは読み込み⇒変換だけです。

本当は記事幅に合わせて縮小後に変換すれば良い結果になるのは分かるのですが、それをしてしまうと画像を拡大する意味がなくなるので、ある程度の大きさは維持したい。

ということで40点まで上がりました(ほとんどの記事は80点以上なんですけど)

まぁ、これは仕方がない結果ですね。

スポンサーリンク