動画編集ソフト Shotcutの使い方(結合・分割・拡大・字幕)

無料の動画編集ソフト「Shotcut」の使い方の説明が続いていますが、今回は基本操作「動画の結合・分割」について動画の編集をしたことがない超初心者向けに書いておきます。

なので今回はフィルター(マスクやクロップ)などには触れません。字幕の追加や部分的にモザイクを入れる方法は以前に書いていますので気になる方は読んでみて下さい。

今回は念のために動画も載せておきました。

Shotcut(公式からダウンロード) → https://shotcut.org/download/

Shotcutで動画を結合する

①ファイルを開くから動画を読み込みます

②メニューのタイムラインをクリックしてから、読み込んだ動画をドラッグ&ドロップで下記のスペースに移動します※タイムラインに追加

③下記画像のように追加できると思います。スペースができてしまった場合は「マグネット」をクリックしてスペースがなくなるようにスライドします。※この時に動画の尺によっては見にくくなるので虫眼鏡で編集しやすくなるようにタイムラインを調整

③これで結合は終わりです。メニューの書き出しをクリックして形式を選択>ファイルを書き出すをクリックして保存先を指定でOKです(上記の手順を動画で確認してみて下さい)

Shotcutで動画を分割(トリミング)する

上記のように動画を結合することができるようになったら、動画の不要な部分を分割して取り除く(トリミング)方法も覚えておくといいと思います。

①トリミングは結合する前でも後でも、どちらでも構いませんので動画を読み込みます。仮に下記の部分を削除したいとします。

②動画を再生/停止(スペースキー)しながら、削除したい部分にスクロールバーを移動して「再生ヘッドで分割する=本みたいなマーク」をクリックすると「黒い線」が表示されて、これで分割できています。分割した部分はクリックすることで選択できるようになりますので選択>選択した部分は赤色で囲まれます

③選択した状態で「Deleteキー」をクリック。これで不要な部分が削除されます。

④あとは動画を結合した時の容量でスライドして空白部分を埋めてから書き出します(これも一応動画にしましたので、うまくいかない場合は確認してください)

Shotcutで動画を部分的に拡大(クロップ)

1:タイムライン上でズームアップしたい動画を選択>「+」>映像フィルター内の「サイズと位置」を選択します

※下記はGIFアニメでクリックで再生されます

2:これでタイムライン上の選択した動画でサイズと位置を指定できるようになります。ただしこの段階では最初から最後まで1920×1080サイズで再生されます=動画に変化がないので、これを変更していきます。

最初に始点になるキーフレームを追加します。

①スクロールバーを停止
②キーフレームボタンをクリック
③メニューのキーフレームをクリック

これで下記画像の④にキーフレームが追加されます。

3:時間軸を先に進めて停止します。

停止した状態で「位置・サイズの数値を変更」または「再生用の画面をドラッグして拡大・中心点を持って移動」します。この時に「掴みにくいな~」と思ったら表示の倍率を変更して下さい。

これで再生すると下記のようになります(GIFなのでクリックで再生します)

戻したい時はキーフレームを追加してデフォルトの数値を入力(というかデフォルトボタンをクリック)することで戻せます。

キーフレームを複数追加すると下記のように色々と動かすことができます。

Shotcutで字幕を入れるには?

Shotcutを起動>「映像トラック1」の動画を「映像トラック2」にコピーしてから「映像トラック2」で字幕を入れたい部分を分割します。適用させたい部分を選択してからメニューのフィルターをクリック。その中の映像フィルタ内にあるテキストを選択します。

※このあたりは前回の記事と同じなので省きました前回の記事を参考にしてください

無料の動画編集ソフトを使って被写体の動きに合わせてモザイクを入れる方法

ここでフォント・スタイルを選択して日本語入力にします。これで日本語入力できますので入力します。続いて色・位置・フォントサイズを指定します。

それだけで動画にするとこんな感じです。

字幕を「左から右へスライド>右へスライドしたい」「透明度を変更したい」場合は「キーフレーム」を使用します(=文字のプリセットで左から右を使ってもOKです)。

例えば今回の動画は横1920×縦1040なので、スタート時点の位置X軸を-1920として時間の経過に合わせて0に戻して、最後に右にフェードアウトしたいので+1920の位置に移動。

映像フィルター:不透明度も同様に追加してからキーフレームをクリックして変更。動画の方が分かりやすいと思いますので確認してみて下さい。文字を入力してからキーフレームで速度などを調整しています。

文字を回転させたり移動させたい場合も同じでキーフレームを使用します。テキストを入力してから映像フィルタの回転を適用。続いてキーフレームにチェックをいれて再生します※動画の画面はメニュー>キーフレーム

再生させながら数値を変更することで自由に文字の位置を変更することができます(このあたりはテキストに限らず動画を編集するなら基本なので覚えておくといいと思います)

動画を停止して数値を変更することでキーフレームが自動で追加され数値が記録されていきます。

最後はマスクです。

マスクは部分的に表示/非表示(動画の見られたくない部分にモザイクを適用したり)と画像の編集に限らず必須のフィルターです。

今回は画面半分にマスクを適用させます。

マスクの大きさを画面1920×1040の横半分にあたる960×1040。位置も960として右側半分にマスクを適用。

文字をマスクの下、右側半分に設置。

隠れている文字を左にスライドさせて表示させます。

手順はフィルターでテキストを入力後にマスクを追加後にマスクのサイズを調整>文字の位置をキーフレームで調整する。これだけです。最後にマスクを右側にスライドさせています。

「Adobe Premiere Pro」 +「 After effects」などの優良ソフトをつかえば当然もっと細かい動きを加えることもできますが、家族の動画を編集するくらいならShotcutで十分だと思いますのでチェレンジしてみて下さい。

今回は説明不足な点も結構あるような気もしますが…こんなところで終わります。

以上です。

スポンサーリンク