YouTubeを見るならChromeの「Picture-in-Picture」を有効にしよう

YouTubeを小さい画面で再生したいときに、ミニプレイヤーで観覧する人もいると思いますが、右下に位置固定、タイトル表示部分が大きいなど、もうちょっと…と思うこともあると思います(下記画像)。またVLCと連携するのも設定が面倒…と思われる方は、Chromeの「Picture-in-Picture」を有効にして下さい

「Picture-in-Picture」を有効にするとコンテキストメニューに「ピクチャー インピクチャー」が追加されて、動画を別のタブとして開くことが出来るようになります(サイズの変更もできますし、位置も自由に動かせます)。

Chromeで「Picture-in-Picture」を有効にするには、ChromeのURL部分に下記を入力

chrome://flags/#enable-picture-in-picture

Defaultでは有効になっていないのでEnableとして再起動。

これで設定は終わりです。

YouTubeの場合は動画の上で2回右クリックすると選択画面にアクセスできます。

今のところ、有効化は手動でする必要があり、他の動画サイトではほとんど使えませんが…

YouTubeに限り便利なので設定しておくといい機能ですね。

スポンサーリンク