動画の「ザーッ」という音声ノイズを取り除く方法

静かなところで撮影した動画の再生、または動画の音量を100%以上で再生、スマホで録音したMP3を再生した時に「ザーッ」という音声ノイズが聞こえることがありませんか?

今回は無料の動画編集ソフト「DaVinci Resolve」を使用して、この「ザーッ」という音声ノイズを綺麗に取り除き、声などが聞き取りやすいクリアな音声にする手順を書いておきます。

DaVinci Resolve(HP最下部にある無償版をダウンロード・制限はありません) ⇒ https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

DaVinci Resolveで音声ノイズを除去

まずはResolveを起動して「新規プロジェクト」をダブルクリック。下記の画面が開くので言語を日本語に変更します。※Preferences…>User>Languageを日本語としてSave>ソフトを再起動

ノイズを除去する動画を読み込むために、メニューの「メディアプール」をクリック。

続いてファイル>ファイルの読み込み>『メディアの読み込み』をクリックして動画を読み込ませて下さい。※音声データでもOK

メディアプールに動画が追加されたら右下部のタイムラインにドラッグ&ドロップ。

上部の「エフェクトライブラリ」をクリック。エフェクトの一覧が表示されますので「オーディオFX」の中にある「Noise Reduction=ノイズの減少」を、先ほど追加したタイムラインのオーディオ部分(緑色)の上にドラッグ&ドロップします。

Noise Reductionの設定画面が開きますので「Auto Speech Mode=自動音声モード」を選択して下さい=自動でノイズが削除されます。Noise Reductionのスイッチで有効・無効を切り替えて確認すると分かりやすいと思います。OKなら×をクリックして設定画面を閉じます。

ノイズを除去した後にボリュームを調整したい場合は、OutPutのLevelから調整可能。

これでノイズの除去は終わりなので、下部の「デリバー=ロケットアイコン」をクリックして書き出します。ファイル名・保存先を指定、書き出し形式を選択(今回はH.264のMP4 画質は最高)>レンダーキューに追加>左のレンダーキューに動画が追加されるので選択してレンダーを開始。

レンダリング(エンコード)が終わるのを待って終了です。

手振れの修正を比較した時も感じたことですが「DaVinci Resolve」のエフェクトは、かなり優秀ですね。

スポンサーリンク