AOSignのICカードリーダーの設定でつまずいたのでメモ

AOSign(府省庁・国土交通省など・地方公共団体が運営する電子入札システムサービス)をPCに設定した時に、つまずいたのでメモっておきます。

まず結果として2台中1台は設定することができました。

2台中1台の全くAOSignに接続できない方のPCはハブからLANケーブルでの接続。
今まで多用してきたPCの為、複数のソフトがインストールされていました。

もう1台の接続できる方のPCはWi-Fi接続(ハブを通していない)。
ほとんど使用していないPCなので余計なソフトはインストールされていません。

個人的な結論としては接続できない方はプログラムの干渉、もしくはハブ…ですね。
※接続できない方のPCは、サポートサービスに電話をかけ確認してもエラーコード2や4が表示され、サポートサービスのほうにもこれ以上は無理です…といわれる始末

接続できた方は、なにも考えずに接続できました。

ちなみに今回「AOSign」の為にに用意したICカードリーダーは、RocketekのRT-SCR1でAmazonで1,300円くらいで販売されているこれ(念のためドライバはこちら。カードリーダーをUSB接続した状態で実行)

AOSignのプログラムはAOSignの電子入札から、

 

「NDNプログラム定期更新ツール・取扱説明書ダウンロード」をダウンロードして説明書通りに進めます。

実行後に電子入札の環境確認(⇒ https://rep.ninsho.co.jp/aosign/check/check_1.html)

これでICカードの情報を読み込むことができます。

読み込めない場合は、「IC カードマネージャ Ver5.0.6.3」を開きパスワードの変更をクリック。ICカードリーダーが読み込めていない場合は下記のように「ICカードマネージャが起動されていません」と表示されますので、スタートアップ>「ICカード発行キット Ver5.0 ICカードマネージャ RTL」フォルダ内の「IC カードマネージャ プロセス停止・起動ツール」を開き「停止」になっている場合は「起動」します。

起動後、「IC カードマネージャ Ver5.0.6.3」を開きパスワードの変更をクリックして接続できた場合はICカードを読み込めている状態なので再度環境確認を行ってください。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました