Smartwatch『Microwear L8 』のレビューと使い方

Microwear L8(スマートウオッチ)を購入して3日程使用してみた感想。また、その使い方を簡単に書いておきます。

まず最初に『Microwear L8』のスペックを書いておくと、IP68(完全防水+完全防塵)風呂やプールなどでも全然問題なく使用可能です。

液晶はIPSなので綺麗(明るさの調整は5段階で可)。もともとスポーツウオッチなのでAndroid(4.4以上)端末、iOS端末で連携して健康状態を記録することができます。連携させなくても血中酸素、血圧、心拍数など健康状態をその場で調べることができます。

他にも歩数計、着信のお知らせ、時計からスマホのカメラ撮影(アプリを入れることで遠隔無音撮影も可能)や、スマホに保存してある音楽の再生(コントロール)、も可能。充電は1週間経ちますが、まだ充電しなくても大丈夫なので、メーカーが表示している7日よりは長く使えています。

本来の時計+天気(気温)などもスマホと連携させることで表示させることができます。目覚まし、着信のお知らせも可能。

ただし、数万円はする高級なスマートウオッチの場合は「GooglePlay」から好きな対応アプリをインストールして…といった使い方が出来ますが、これは出来ません(例えばGPS内蔵のスマートウオッチを使用してゴルフのフロントエッジまでの距離を計測したいとか…は無理)。そもそもGPSはスマホのものを使用するので…

見た目で言えば高価なものと比較しても、それほど変わらないので問題ないと個人的には思っています。※私は普通に仕事中に使用しています

Microwear

『Microwear L8 』の使い方

ちなみに下記のような感じで届きます。この箱の下にUSBの充電と説明書が入っています。

中国製品なので使い方がややこしいのでメモっておきます(といっても英文の説明書を読めばわかると思いますが…)

最初は違和感があるかもしれませんが、基本は下記のように真っ暗(この方が高級感あるから個人的にはOK)

縦方向に動かすことで時計が表示されます(例えば時計を見るしぐさなど)。時計の表示パターンはデジタルを含めて3パターンありますが下記が個人的には好きかな。

時計の画面を下にスライドさせることで下記の画面が開きます(さらに下にスライドさせることで別のアプリにアクセスできます)。下記の場合は万歩計、睡眠測定、音楽を鳴らす、天気を見るになります。勿論、DNDモード(夜間や会議用)も選択可能。

モバイル端末にアプリ「FunDo」をインストールしてBluetoothで接続することで、天気、時間などの情報を同期することもできますし、Strava、Twitter、FacebookMessenger、Facebook、Whatsapp、Instagramなどの通知も受信できます。スマホと時計を同期するには、スマホ側でBluetoothをON>FunDoを開いて権限を許可>左上に表示されている時計マークをクリックするだけ

 

ちなみに、この時計を会社で見せたら「幾らぐらいするん?」と聞かれたので、安すぎると恥ずかしい気もしたので見栄で「5,000円ほど…」と答えたら、「えっ、そんな安く買えるん?」と言われましたが…

本当は27.99ドル(今なら円高なので3,000円以下…)※下記のクーポン適用でいまなら割引価格$ 23.99

ただAmazonとかでは買えないのでgearvitaなどの中国系サイトから直接仕入れることになり時間はかかりますが(約2週間)

gearvita.com

Microwear L8

※L8の購入時に使用できるクーポンコードは「L8」です。

スマートウオッチ入門機、バリバリスポーツする人にはおススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました