レンタルしたブルーレイディスクを完璧に複製「Leawo Blu-ray Copy」

昨日、レンタルしたブルーレイディスクをとりあえず複製(コピー)したので手順だけ残しておきます。

複製に使用したのはLeawoの「Blu-ray Copy」というソフトです。

  • BD50→BD50(片面2層=50GBをそのままコピー)
  • BD50→BD25(片面2層50GBを片面1層25GB以下に圧縮してコピー)
  • BD25→BD25(片面1層25GBをそのままコピー)
  • BDをDVDに圧縮してコピー(BD1層orBD2層をDVD1層4.7GB or DVD2層8.7GBへ圧縮してコピー)
  • BDからコンテンツをISOファイルまたはフォルダ形式でPCに保存することができます。
  • ISOファイル・動画コンテンツをBD・DVDへライティング

リージョンコードの設定は簡単で日本を選択するだけです(BD・DVDに動画を書き込んでも再生機器と映像DVDの規格が一致していないと通常再生はできません)

リッピング(=ディスクからコンテンツを吸出すこと)に関しては、現状の新作ディスクを完璧にリッピングできたことから、一部のコピープロテクトAACS / BD+ / ALPHA-DVD / ARccOS / RipGuard / JumpingBoy / CPRM などは付属されていると思います。※過去のソフトには上記のプロテクト解除機能はありませんでしたし、フリーソフトの場合は未対応の場合が多いです。

Leawoの「Blu-ray Copy」は下記からダウンロードできます。
Leawoの「Blu-ray Copy」公式サイト

レンタルしたBDをDVDディスクに書き込む

私の環境は、BDドライブのみと1つしかディスクを挿入することができないため、一度PCにコンテンツを取り込み、あとからディスクに書き込むことにしました。ということでとりあえず、ディスクをDVD・BDドライブへ挿入後、追加します。

「Blu-ray Copy」で読み込むとBD2層32.91GBで書き込まれていることが分かります(下記画像)が、今回は一般的なDVD-R(1層4.7GB)に書き込みたいので、DVDサイズに圧縮して保存します。

圧縮は、左下部から圧縮サイズを選択するだけ(DVD1層なのでDVD-5)※BD2層をそのままリッピングしたい時はBD50のままでOK。

あとは再生時の「音声」と「字幕」を選択します。※日本語吹き替えならjpnを選択して「字幕なし」を選択

 

「コピー」をクリックすると取り込み形式の選択画面が開きますので、今回はISOファイルを選択して「コピー」をクリック。

これでリッピングは終了なので終わるまで待ちます。

リッピングしたコンテンツをディスク(BD・DVD)に書き込む

リッピングしたコンテンツを書き込みたいディスクをドライブ挿入(リッピングした容量・規格にあわせて)

「Blu-ray Copy」でリッピングしたデータを読み込みます。

コピーをクリックすると下記の画面が開きますのでDVDドライブを選択、ディスクラベルは任意、保存先は気にしなくてもOKなので再度コピーをクリック。※保存先には一時保存されるだけでPCには残りません

一度保存先にコピーしてから、ディスクの書き込みが始まります。

たったこれだけです。

書き込み終了後確認すると、ちゃんとTSフォルダに変換されて書き込まれていました。

Fabとか、いろんなソフトを使用してきましたがこれは簡単だと思います。

またレンタルしたディスクの複製とかもできますが、コンプライアンス的に…アウト。ここは自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました