Windows10に標準搭載されている録画(画面キャプチャ)機能は優秀だよ

Windows10に標準搭載されている動画録画(画面キャプチャ)機能の使い方を書いておきます。

まだ「知らない人もいるかな?」と思って書いたのですが、基本的にはゲームを録画する為の機能です。ただゲームに限らず『ブラウザ上の画面を録画することもできます』ので覚えておいて下さい。

画質や音質の設定も可能。

録画時間も最長で4時間まで設定できますので「Hulu」や「U-NEXT」「Netflix」「DMM」などの動画サービスからでも録画して保存しておくことができます。

「録画の仕方」

ブラウザを起動してから「Windowsロゴボタン+G」でゲームバーを表示します。

ここで録画ボタンをクリックすると録画が開始されます(下記画像の青枠)

毎回ゲームバーを表示させるのが面倒な場合は「Windowsロゴボタン+Alt+R」で即録画することもできます。

基本的には、これだけです。

保存先や録画時間の設定はギアマークをクリック。

最下部にある「Windowsの設定でその他の設定を編集します」を選択。設定画面が開くのでゲームDVRを選択。

ここで画質(フレームレート)、音質、録画時間の変更ができます。

映画とかを録画することを考えると2時間以上、画質は「高」推奨。

ちなみに録画中は下記の画像が表示されますが、これは目安です。録画した動画には含まれないので安心してください。

「Netflix」などの動画サービスをキャプチャー録画する場合は、動画再生後にF11で全画面表示に切り替えてから録画するといいですよ。

ただし、録画中はPCに触らずに待たないといけません。

録画された動画はビデオ>キャプチャに保存されます(保存先を変更したい場合は先ほどの設定画面から変更できます)

screenshot_20160515_225318

他にもソフトはありますが、やっぱりこれが一番楽ですね。

今回は標準機能について書きましたが、デスクトップ画面を録画したい場合や、タイマー録画、範囲を指定して録画したい場合は下記のフリーソフトがおすすめです。

キャプチャ録画ソフト「AG-デスクトップレコーダー」の使い方

以上です。

スポンサーリンク