Windows10 サイドバーの「クイックアクセス」を非表示にする方法

Windows10のエクスプローラ画面のサイドバーに表示される邪魔な「クイックアクセス」を非表示にする手順です。

環境はWindows10 homeですがproでも可能だと思います。

非表示後は下記のようになります。※OneDriveも非表示にしています⇒手順

注意点としてはWindowsのアップデートで再度表示されるようになりますので「下の番号:9」のフルコントロールのところから再度設定する必要があります。

image-1

スポンサーリンク

 手順

1:「Windowsロゴキー+R」を同時に押した後に「regedit」を入力します。

image-2

2:レジストリエディタが開きます。

image-3

3:「Ctrl+F」を同時に押して検索窓が開いたら「679f85cb」を入力し「次を検索」をクリックします。

image-6

4:{679f85cb-0220-4080-b29b-5540cc05aab6}をダブルクリックすると下記のようにフォルダが表示されます。

image-12

5:ShellFolder上で右クリックし「アクセスの許可」を選択します。

image-13

6:下記の画面が開いたら「詳細設定」をクリックします。

image-14

6:変更をクリックします

image-16

7:ここに名前を入力し「OK」をクリック

※自分のアカウント名にすると分かりやすいと思います

image-17

8:所有者名が変わっているのを確認(黄枠)し、下記の2点にチェックを入れ「OK」を選択。

  • サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える
  • オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトから継承可能なアクセスエントリで置き換える

image-18

9:フルコントロールにチェックをいれたら適応>OKでクリックします。

image-19

10:Attributesの欄にあるデータ(青枠)部分をクリックして「a0100000」を「a0600000」に変更して「OK」をクリックします。

image-20

11:レジストリエディタを閉じて再起動で終了です。

これでWindows10のクイックアクセスを非表示にすることができます。

※一度非表示にした後でも同手順で値のデータを「a0100000」に戻すことで下記のように再度表示させることもできます

image-1

以上です。

スポンサーリンク