『Raspberry Pi3』を購入して使ってみた感想

Amazonで購入した「Raspberry Pi3=ラズベリーパイ3 モデルB」が届いたので使ってみた感想&用意したものを書いておきます。

購入した理由は単純にRaspberry Piを動かしてみたかったから、VPNサーバーからこちらに移行してNASやデスクトップPCとして使う予定です。

現状は普通に動いています(OSをインストールしたところです)

OSのインストール方法は以下の通りで、時間にすると1時間ほどで終わります。

公式を読めば全て書いてありますので省略して…⇒ https://www.raspberrypi.org/documentation/installation/

1:NOOBSをダウンロード
2:microSDカードを「SD Formatter」を使い「FAT32」でフォーマット※minitoolでもOK
3:①で解凍したファイルをそのままmicroSDカードへコピー。または「Etcher」で書き込む
4:Raspberry Piに、マウス+電源ケーブル+③で作ったmicroSDカード+ディスプレイと接続するためのHDMIケーブル+LANケーブルを差し込み起動
5:Raspbianを選択してインスト―ル

インストールしてしまえば、あとは直感で操作&設定可能でした。

Wi-Fi接続も、今のところは「Raspberry Pi3」に内蔵されたものを使用していますが問題ありません。本当に思っていた以上にサクサク動きます。

USBポートも4つあるので拡張性も高いですね。

いずれにしろ今後が楽しみです(いい暇つぶしになります)

ちなみにラズベリーパイを動かすために用意した機器&今回購入したものをメモっておきます。

・電源ケーブル(⇒ Raspberry Pi用電源セット(5V 3.0A)-Pi3フル負荷検証済 =必要)
・Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット(⇒ 透明ケースBar =必要)
・MicroSDカード (⇒ Samsung microSDカード 32GB  =必要)
・DELLのキーボード(以前デスクトップPCを購入した時に付属されていたもの=未使用品)
・HDMIケーブル(もともと所持=必要)
・ディスプレイ(もともと所持=必要)
・無線LAN子機(⇒ 以前購入した5GHz対応のものを用意したが使わなかった)

外付けHDD付けてDLNAサーバーとしても、普通にサーバーとしても使えるし予備としては面白いと思いました。

スポンサーリンク