これ何?アナリティクスのReferralに「adf.ly」

昨日のことです。

朝起きてスマホからGoogleアナリティクスにログインしたのですが、

海外からのアクセスが異常に増えていて、

「外国人に人気なのか?」

と少し嬉しかったので、どのサイトから来てくれたのか調べてみました。

「adf.ly/1SDmxr」から来てくれたみたいです。

でも、直帰率100%で平均セッション時間0秒。

「なんだろコレ?海外の検索サイト?」と思って数クリックしてしまいました・・・

意味不明です。

嫌がらせなのかなぁ・・・とか思ったりして。

少し気になったけど「まぁ、こんなこともあるか」程度で考えて一日が終わりました。

今日、朝起きてみたら、また「adf.ly/1SDmxr」から沢山の来客!?

まずい!なんかのウイルスか?と焦って検索開始です。

どうやら、私みたいな情弱サイト管理者にクリックさせる目的のスパムらしいです。

クリックでお金になるらしい。そうだとしらずに・・・前日にたくさんクリックしました。

ただ、なんでこんなことになったのか分からなくて、もしかして怪しいところにリンク張られたのか?

と思って調べてみても特に異常もなさそうだし・・・

出社してからも「どうしたらいいんだ・・・」と思って会社で途方にくれていたら、ありがたいことに海外のサイトに対処方法が書かれていました。

ココです⇒ http://botcrawl.com/stop-adf-ly-referral-traffic-google-analytics/

スポンサーリンク

adf.ly/1SDmxrをアナリティクスのフィルターにかける

対応策が分かったので、とりあえず仕事はおいといて作業開始です。

Googleアナリティクスにログインして青で囲った「フィルター」の部分をクリックします。

FireShot Capture 8 - Google Analytics_ - https___www.google.com_analytics_web_

「+フィルタを追加」をクリックします。

FireShot Capture 10 - Google Analytics_ - https___www.google.com_analytics_web_ (1)

「新しいフィルタを作成」を選択しフィルタ名に「referrer spam URL」と入力します。

FireShot Capture 11 - Google Analytics_ - https___www.google.com_analytics_web_

フィルタの種類は「カスタム」を選択し「除外」、フィールドは「キャンペーンのソース」フィルタパターンに「adf.ly」を入力ます。

FireShot Capture 12 - Google Analytics_ - https___www.google.com_analytics_web_

下にクロールするとこのフィルタを確認するボタンがあるのでクリックします。

WS000002

フィルタ適用前と適用後の情報が出てきます。適用後が「O」になっていればOKです。

FireShot Capture 16 - Google Analytics_ - https___www.google.com_analytics_web_

保存して下さい。

いや、まいりましたが次の日からアナリティクスに「adf.ly/1SDmxr」表示されることもなく、ちゃんと計測できるようになりました。

これで一安心です。

他の「Referral Spam」にフィルタをかける手順

上記の手順を覚えれば後は簡単です。

adf.lyのフィルタと違う点は、adf.lyの場合は「カスタム」⇒「キャンペーンのソース」の手順で進行しましたが,

他のスパムの場合は「カスタム」⇒「参照」の順に進行すること、その場合は上記のようにフィルタの確認ができません。

※フィルタの確認ができないですがフィルタはしっかりとかかります。

例えば、私の場合

アナリティクスで確認すると 集客>サマリ―>Referral

claim69354168.copyrightclaims.org

site32339201.snip.to

この2つがadf.lyの次に目立っていたのでフィルタ―にかけることにしました。

この場合のフィルタはドメインで

claim69354168.copyrightclaims.org ⇒ 「copyrightclaims.org」

site32339201.snip.to ⇒ 「snip.to」

のフィルタパターンとなります。

スポンサーリンク