外壁がボロボロだったので「リックプロ」に塗装工事を依頼してみた

家は築14年です。

今まで外壁の手入れをすることもなく放置していたため、サイディングもボロボロ・・・もう限界かな・・・と思い外壁の補修をすることにしました。

外壁の補修をするにあたり「サイディングの張替え」「防水塗装」の2パターンが考えられますが今回は費用の問題もあって「外壁の塗装」をすることにしました。

外壁の会社関係で働いている知人もいないので、「ヌリカエ」などの紹介サービス、自分でインターネットを見て探す方法などで計3社の見積もりをとることにしました。

一番重要視なのは「ちゃんとした工事をしてくれそうな会社を選択すること」これを間違えると痛い目みそうなので・・・

なので自分の判断基準として思っていたことは、最初の調査の段階で「親身になってアドバイスや説明をしてくれるか」と「しっかりとした下調査をするのか」の2つでした。

これから外壁の塗装を考えている方には、少しは参考になると思いますので読んでみて下さい。

スポンサーリンク

外壁塗装の見積りって?

まず外壁塗装の見積もりをする前に、営業さんや診断士の方がきます。そしてしっかり調査していく会社もあれば、そうじゃない会社もあります。一応私が下見の時に感じたことを書いておきます。

まず1件目の調査は最悪でした塗装組合のキャンペーンとか言っていました。家のまわりをぐるぐると歩いて見て大体コレくらいの金額です・・・と提示されただけです。良い言い方をすれば慣れている営業さんですが、説明不足で依頼する方としては不安しか残りませんでした。もう、それ以上話を聴く気にもなりませんでした。

2件目は「ヌリカエ」から紹介された大手の塗装会社です。営業さんの対応も良かったのですが自社塗料しか扱えないデメリット&工事は下請けに回すと聞きました(下請けは20年一緒にやっているところなので安心ですと言っていました)

下見は目で見える範囲だけでしたが時間をかけて見ていました。他にも塗装後の見本を見せていただいたり、塗装の際の注意点を教えてもらったり良い営業マンでした。ただ・・・見積もりを依頼したのですが「使用する塗料の資料+御見積書」を提示されただけで、それ以上の説明が無かったのが残念だったところです。

3件目は「リックプロ」です。下見に来た人間は2人。梯子持参で時間をかけて調査していました。建坪などの資料をコンビニまでコピーしにいったり、屋根の上に上がって写真撮影など、まだ下見の段階なのに、いろいろと説明をしていただきました。

カーポートの設置も考えていると相談もしたら「カーポートも取り扱っていますが、下請けに出すことになるので高いですよ。〇〇にお願いした方が安いですよ」とアドバイスをしていただきました。

リックプロの良かった点は、見積もりの時に「建物調査報告書」を提出してくれた点です。

⇓ 全15ページ(スキャンは適当にしたので見にくいかもしれませんがクリックで拡大します)

内容はこんな感じです(屋根と外壁部の資料のみをスキャン後、モザイク処理しています)

また調査報告書に書いてあるところを担当の営業さんが分かりやすく説明してくれました。実際、知識のない私や妻の質問にも全て回答していただけました。

ここまでしてくれたら信用できます。

塗料は何?

「リックプロ」で使用する塗料は「ASTEC」のものを主に使用しているそうです。

私の場合は、屋根&外壁の塗装工事になるので下記の塗料を使うことになりました。

「屋根用塗料=超低汚染リファイン1000MF-IR

私の場合は耐久年数の一番高いフッ素配合に使用してもらうことにしました。

屋根の色は10色から選べますが、色はまだ決めていません。

従来のフッ素樹脂塗料をしのぐ最高ランクの耐候性。
優れた遮熱性も持ち合わせた超高機能の屋根用フッ素樹脂塗料。

「外壁塗料=超低汚染リファイン1000MF-IR

外壁の色は全69色から選べます(これもまだ色は決めていませんw)※条件によっては2色の塗り分けでも価格は変わらないと言っていました。

今より外壁の色を薄い色に変更する場合でも、シーリングの段階で白の染料を混ぜることで可能ですが、濃い色の方が綺麗に仕上がるそうです※もともと、この塗料は光沢があるのでムラになりにくいとも言っていました。

建物の美観を保持する「美観保持機能」に優れた外壁用塗料。
無機成分を配合したことにより従来のフッ素塗料を凌ぐ「超耐候性」を併せ持つ。

見積もりを見ながら、営業の方に「あとから追加料金が発生することはありますか?」ときいたところ、「それはありません」。そのためのしっかりと下見をしているとのことです。

「見積りの金額よりも施工内容と信用できるかどうかを重視」して決定したつもりですがいわゆる「大手」より20万円ほど安くなりました。

保障期間は地域(沿岸部)などで違いがあるのかもしれませんが、屋根は3年、外壁は5年でした(契約書の裏面に記載)、支払方法は着工前に50%、着工後に50%の支払いになります。

※こちらから来てもらっていますのでクリーリングオフもなしです

今後の流れとしては、カラーシュミレートで色を決める>工程表を作製>施工(施工期間は約2週間)になるらしいのですが、今は工事が混み合っているらしく4月中旬からの施工になるそうです。

御報(5/19)

工事は何のトラブルもなく無事に終わりました(ベランダまで掃除してもらって申し訳ないと思っていますw)

足場の組み立て・塗装の様子は後日、報告書をもらい支払いも済ませました。

うちの娘がリックプロの営業マンに「綺麗にしてくれてありがとう!!」って言ったときは思わず笑ってしましましたが、営業マンも嬉しそうだったので良しとします。

塗装は、思っていたより光沢がありましたが、まぁそんなもんでしょ。

綺麗に仕上がりましたよ。

スポンサーリンク