Windows10 SmartScreenを停止させる手順

MicrosoftというかWindows10がデータを収集しているのは有名な話ですが、その一端を補っているのがWindows10 SmartScreenです。

Windows10 SmartScreenは、あなたが見ているWebサイトや使っている「アプリ」「ダウンロードしたデータ」「ファイル」などをマイクロソフトのサーバでスキャンし潜在的に有害なコンテンツをブロックする役割がありますが、あなたがセキュリティソフトを使用している場合は無効にしても問題はありません(というか有効にしていると問題が・・・)

また「SmartScreenを停止すると警告メッセージが表示されます」が気にする必要はありません。(・・・というか、Windows Defender セキュリティセンターを無効化しておくと気にもなりませんが)

Windows Defender セキュリティセンターを無効化する手順

以下、SmartScreenを停止する手順です。

1:Windows Defender セキュリティセンターを開きます(無効化している場合はスタートメニューから起動)

2:設定をクリックします(下記画像)

3:アプリとブラウザーコントロールで下記を警告から無効に変更します

■アプリとファイルの確認
■MicrosoftのEdgeのSmartScreen
■WindowsストアアプリのSmartScreen

別の方法として、コントロールパネル>セキュリティとメンテナンス>Windows SmartScreen設定の変更>認識されないアプリの処理を無効にする(なにもしない)を選択する方法でも可能です。

以上です。

スポンサーリンク