Photoshopを使って被写体を水平・垂直に修整する方法

撮影した被写体を水平・垂直に直す手順です。

(Photoshopなら1分もかからずに簡単に修整できます)

例えば、下記のように水平がズレた写真の場合で説明します(水平線が斜めっていますので、これを水平にします)

以下手順です。

1:Photoshopを起動しファイル>開くで画像を読み込んだら、「ものさしツール」を選択します(水平線の角度を測るため)

2:測りたい角度の「始点~終点」をドラックで引っ張ります(直線の線が引かれます)。

3:メニューバーのイメージ>画像の回転>角度入力をクリックします。

4:カンパスの回転が開きますので「OK」をクリックします※ここでは時計回り・角度など自動で設定されます

5:画像が水平になったら、不要な部分を削除しますので「切り抜きツール」をクリックします。

6:この時に任意のサイズで切り抜いてもいいですし、上部にある画像の縦横比(元の縦横比)、サイズなどを選択してから切り抜くこともできます(ここでは16:9)

7:切り抜き範囲を指定したら「Enter」。

8:不要な部分が削除されます。

書き出すと下記のようになります(水平線が画像に対して水平になりました)

以上です。

スポンサーリンク