ブラウザ

フリーソフト

複数の接続方法を登録できる匿名ブラウザ「Sphere」を使ってみた

Sphereは匿名性も含めてセキュリティに特化したブラウザで、スパイウェアの侵入を防ぐために処理は全てメモリ上に保存される仕組みになっています。また観覧履歴、ログイン情報などのローカルに保存されるデータ(クッキー)は、AES-256で暗号化され保存されますので個人情報漏洩の心配もありません。
その他

Windowsでテキストブラウザ「W3M」を使用する方法

テキストだけに特化した超シンプルかつ軽いブラウザを使いたいなら「w3m」がお薦めです。 操作はキーボードになるので「好き嫌いは分かれる」と思いますが、好きな人は好きなはずです。 W3M⇒ http://w3m.sourceforge.net/index.ja.html 見た目的に「5ちゃんねる」は下記のようになります。
フリーソフト

暗号化されたプロキシ接続でプライバシーを保護「Epic Privacy Browser」

通常、IEやChrome、Firefox、Edgeなどのブラウザを使用してWebサイトに接続した場、観覧履歴はもちろん、Cookieには「あなたがどんなサイトを見ているのか?」といった情報が記録されて広告などに利用されます(このブログの広告も傾向を取得し表示されていますので、あなたがパソコン好きならパソコン関係の広告が表示されているはずです)
Android

Android 高速ブラウザ「Puffin」を使ってみた感想

「Puffin」というブラウザを知っていますか? 下記のデータは、Googleアナリティクスで計測したOSごとの平均読み込み時間です(このブログ100万人分のデータ)。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました