Gmailを他のメールへ転送する手順(リアルタイムで同期)

Gmailを「Winodws Live メール」などの他のメールソフトに転送する手順です。※GmailからGmailなども可能です。

Gmailは一時的に転送するように切り替えたり、特定のアドレスから届いたメールのみを転送することもできます。複数のアドレスを登録しておいて状況に応じて転送出来るようにしておくと便利です。

以下、手順です。

1:Gmail(https://www.google.com/gmail/)を開き右上部にあるギアマークの中にある「設定」をクリックします。

2:「メール転送とPOP/IMAP」の中にある「転送先アドレスを追加」をクリックします。
※POP無効/IMAP有効で自動で同期されますので設定の必要はありません。IMAPになっていればリアルタイムで同期されます。

3:転送先のアドレスを入力すると確認後、転送先アドレスに9桁の確認コードが届きます。メールに記載された承認URLから承認も済ませます。

4:再度、転送元のGmailの設定に戻り確認コードを入力します。

5:転送の設定で「転送を有効/無効」を切り替えることが出来るようになります。この際にメールを既読にするなどのを選択します。

条件を付けないで転送する場合の設定はこれで終了です。

6:フィルタを使用して特定のアドレスからや指定した条件でのみメールを転送させたい場合は、ヒントの横にある「フィルタを作成」をクリックして条件を指定します。

7:受信メールを(フィルタで使用中)と表示されたらOKですので、下部にある設定を保存をクリックします。

以上です。

スポンサーリンク