入力したテキストを暗号化したい時は『Paranoia Text Encryption』がおすすめ

スポンサーリンク

 

機密文章を暗号化ソフトを使ってテキストファイルそのものを暗号化するには『Paranoia Text Encryption』がおすすめです。

たとえば『これは機密文章です』をAES256bitで暗号化すると下記のようになります

82MUaQYT7apoVRWlFgrSl9gEUk8W2]]MnpfUKbWqt3vFcadxOq43ryp46cZdb]VxCTZeSR5E1dyFF3Qg! ※パスワードは12345

仮想通貨などの重要なパスワードは、面倒かもしれませんがテキストそのものを暗号化し、そのあとにテキストファイルを暗号化、もしくはファイルを暗号化仮想ドライブに保存しておくと安全だと思います(すごい面倒ですけどね)

 

以下、『Paranoia Text Encryption』の使い方です。

①下記のサイトからOSにあわせてzipファイルをダウンロードします(Windowsの場合は下記画像を参考)

Paranoiaworks Download Section ⇒ https://paranoiaworks.mobi/download/

 

②最新のJavaをインストールします(古いものは脆弱性の問題があるので新しいものを使用)
Java ⇒ https://www.java.com/ja/download/

 

③『PTE_Windows.zip』を解凍して中にある『PTE.exe』をダブルクリックして起動

 

④テキストファイルとして暗号化したテキストを保存する場合は、パスワードを入力>暗号化アルゴリズムを選択(AES256)>文章を入力、もしくはコピー>暗号化>ファイルをテキストとして保存。

 

別の保存方法としては『暗号化+Steganogram』を選択。

 

画像を選択することで、画像の中に暗号化テキストを保存することもできます。

復号化はすべて逆の手順で可能です。
シンプルで使いやすいソフトなのでお試しください。

以上です。