フリーソフトに付属された不要なソフトを教えてくれる「Unchecky」という神ソフト

フリーソフトをインストールすると、たまに自分にとって不要なソフトもインストールされる時があります。これはレジストリも汚れるし、本当に無駄です。

インストールしますか?と聞かれた時に「Decline」を選択して受け入れなければ済む話なのですが英語なので間違えやすいですよね。

でも下記のソフトをインストールしておくと、間違って「Accept」をクリックして受け入れてしまった場合でも「不要と思われるプログラム・・・継続してもよろしいですか?」って聞いてくれますので、間違って不要なソフトをインストールしてしまうことはなくなります。

image-3

しかも使い方は簡単でインストールするだけ!難しい設定は一切ありません。

Unchecky ⇒ https://unchecky.com/

※インストールすると下記のようにタスクバー常駐しますが軽いです。

image-27

フリーソフトをよく使う人にとっては本当にありがたいソフトだと思います。

スポンサーリンク

ここからは余談です

一番上のスクショを撮影するために、怪しいソフトを試す必要があったので、どのソフトにするか結構迷いました・・・結局、悪名高い「Mipony」で試すことにしました。

予定通りカスペルスキーに検出されインストール出来なかったので、セキュリティソフトを止めてインストールしました。

image-2

それでUncheckyのスクショ撮影後にカスペルスキーを起動させたら下記のような画面が表示され「特別な駆除」が開始されました。

そこまでは良かったのですが、これが恐ろしく時間がかかる・・・昼飯休憩が終わってしまう・・・って感じで強制的に電源を切って起動させたらWindowsが立ち上がらない状況になりました・・・。

そこで昼飯休憩が終了したので、会社に戻ってきました。

image-4

今も、家のPCはブラックアウトしていると思います(電源の入切は出来るけどロゴマークまでたどりつけない状態)

帰宅してから直すのが少しだけ面倒(USBで復旧するだけだけど)・・・って思いながら、今会社でブログを書いています。

なにわともあれ「Unchecky」はセキュリティ的にも良いソフトなのでお試しください。

スポンサーリンク