Windows10 BitLockerでUSBメモリ(SDカード)を暗号化する手順

Windows10 Proに搭載されている暗号化システム「BitLocker」を使用してUSBドライブ(SDカード)を暗号化する手順です。

一度「BitLocker」で作成した暗号化USBメモリは別のPC=Windows10 homeでも復号できますので、パスワード入力が必要とするUSBメモリを作りたい場合は、これが一番簡単です。

Windows10 homeの方は残念ながら作成できませんので「VeraCrypt」などでUSBメモリ内に隠しコンテナを作成すると良いと思います(私はこっちがメインで隠しコンテナだらけw)

「VeraCypt」で暗号化された仮想ドライブを作成する手順

※余談ですが昔のWindowsタブレットはデフォルトでドライブ全体にBitLockerによる暗号化がかかっていて読み込みに時間がかかる場合があり、手動で解除する必要がありました(CrystalDiskMarkで検査した結果が違いました)

スポンサーリンク

BitLockerでUSBメモリ(SDカード)を暗号化する手順

①Windowsロゴキー+Eを押して、エクスプローラーの「ディスクとドライブ」の中にある外部ストレージを選択し「BitLockerの管理」をクリック。※コントロールパネル>システムとプロバディ>BitLockerドライブ暗号化でもOK

②「BitLockerを有効にする」を選択します。

③パスワードを決定したら「次へ」をクリック ※スマートカードのチェックは不要

④パスワードを忘れた場合のための回復キーを作成します(私の場合はファイルに保存を選択して48桁の回復キーテキストとして保存しています)

⑤USBドライブ内のデータをそのままで暗号化する場合は「ドライブ全体を暗号化する」を選択。ただし時間がかかるので一度別の場所にUSBファイル内のデータを別のストレージに移動し空っぽにしてから「使用済みの領域のみ暗号化する」を選択し、USBメモリの暗号化が終わってからデータを戻した方が速いです。

⑥「暗号化を開始」をクリックすると暗号化ドライブが作成されます。

暗号化を解除したい場合は同様の手順でアクセスし解除を選択します(コントロールパネル>システムとプロバディ>BitLockerドライブ暗号化)

以上です。

スポンサーリンク