USBメモリにOSのISOファイルを書き込む方法(USBブート)

USBメモリにOSのISOファイルを書き込む時どうしていますか?

Linuxディストリビューション(Ubuntu・Mintなど)のインストール用USBを作りたい時などは拡張子をISOからIMGに変更してWin32DiskImagerですかね(もともと拡張子がimgならWin32DiskImagerが一番簡単)

USBメモリにISOファイルをそのまま書き込みたい時は「USBWriter」が一番簡単だと思います。

試しに「CentOS」のISOファイルをUSBに書き込んでみましたが問題なくUSBブートできました。

スポンサーリンク

USBWriterの使い方

USBWriter ⇒ https://sourceforge.net/projects/usbwriter/?source=typ_redirect

USBWriterは、ダウンロードした「USBWriter-1.3.zip」を解凍後、中にある「USBWriter.exe」をクリックすると起動します。

1:起動後は下記のように「Browse…」をクリックしてISOファイルを読み込みます。

2:書き込みたいUSBメモリを選択します。

3:「Write」をクリックすると、USBメモリの全てのデータが削除されますが良いですか?と聞かれるので「はい」を選択します。

4:書き込みが開始されます。

5:下記の画像が表示されたら成功です。

USBブートできるUSBメモリを作成したい時には使えるソフトですね。

以上です。

スポンサーリンク