WIndows10 音楽CDからデータを吸いだす方法

今回は、表題を超初心者向けにしてみましたが、内容は購入したCDから音源のみをデータとしてパソコンに保存する方法になります。

音源をデータとして保存してしまえば、オリジナルの音楽CDを作ることもできますし、スマホに保存して聴くこともできます。

音楽データをCDからパソコンへ抽出する

まずは下記からCD Manipulator(シーディーマニピュレーター)をダウンロード(古いソフトですが問題ありません)

CD Manipulator跡地 ⇒ http://www.storeroom.info/cdm/

ダウンロードした「cdm270.zip」を解凍すると、中に「CdManipulator.exe」が有りますのでダブルクリックしてください。

Image 1

CD Manipulatorが起動しますので、光学メディアドライブに音楽CDを入れ「トラック単位でCDを読み込む」ボタンをクリックします(下記画像)TOCウィンドウが開かない場合は上部メニューにある「ウィンドウ」をクリックします。

Image 5

TOCウィンドウに下記のように表示されますので、Ctrl+クリックでコピーしたい曲のみ選択します。

Image 6

CD Manipulatorに戻り「トラック単位でCDを読み込む」ボタンをクリックします。

Image 7

検索をクリックして保存先とファイル名を指定し「OK」をクリックします。

Image 10

読み込みが終わり.wavファイルで保存されました。 Image 14

そのままCD-Rに書き込みたい方は下記を参考にして下さい
⇒ Windows10 簡単にCD-Rに音楽を書き込む方法

今回はmp3を吸い出しましたが高音源であるFlacを吸い出したい場合はコチラを参考にしてください
CDから高音質(flac)で音楽ファイルを保存する方法

以上です。

スポンサーリンク