Windows10 の「Windows Defender」を停止させる手順

通常、セキュリティソフトを使用してもバックで動いている「Windows Defender」ですが、これは本当に無駄にリソースを使用しているだけなので停止させる方法を書きます(セキュリティソフトを使用していない方は止めないでください)

↓※カスペルスキーを使用しているのにバックで動くMicrosoftのセキュリティセンター(スタートメニューの中に中にあります)

以下、手順です。

Windowsロゴキー+Rで「regedit」と入力。

レジストリエディタが開くので\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defenderのフォルダ上で新規>DWORD(32bit)を作成>名前を「DisableAntiSpyware」とします。

「DisableAntiSpyware」の値のデータを0から1に変更(戻す時は1から0に変更)

再起動後、下記のように手動で起動しない限り停止します。

少しでもPCにかかる無駄な負担を省きたい方はお試しください。

またレジストリを触るのに抵抗がある方はフリーソフト「Defender Control」を使用してください。

以上です。

スポンサーリンク