WordPress 超初心者がFTPでテーマのインストールに挑戦してみた。

XserverでWordPress導入して2日目です。

ワードプレスのインストールは済ましたので、
今日は外観のテーマから好きなテンプレートを導入することにしました。
自分が気に入った見栄えにしないとやる気も出ないので、ここは重要ですね。

以下はテンプレート導入までの流れを画像付きで説明します。

ダッシュボードのサイドバーから外観を選び『テーマ』を選択します。

WS000006

テーマの中にある『新しいテーマ』を選択します。

WS000008

プレビューを見ながら自分の好きなテンプレートをインストールします。
いつのまにか10個ほどインストールしていました(少し多すぎですが優柔不断なので…)

WS000009

でも、なかなか気に入ったものが見つかりませんorz

『WordPress テンプレート』で1時間程検索を続けた結果、STINGER5という無料のテンプレートがあったので早速導入することにしました。(現在はSimplicityを使用しています)

僕の場合はココからが大変でした。

以下、僕がSTINGER5を導入した手順です。

STINGER5をダウンロード後に解凍し、FTPで自分のPCからXserverにファイルを転送するためにffttp(フリーソフト)をインストールしました。

ffttpを起動し『新規ホスト』をクリックします。

WS000002

下記のようなBOXが出てきたら、Xserver登録の時に届いたメールのサーバーアカウント情報を確認して下さい。

WS000003

【ffttp側:メール側】

ホストの設定名:これは任意の名前です(自由)
ホスト名(アドレス):メールに記載されたFTPホストを入力
ユーザー名:メールに記載されたFTPユーザーを入力
パスワード/パスフレーズ:メールに記載されたパスワードを入力

他は無記入で大丈夫でした。
入力が終わりましたらOKをクリックし接続します。

ffttpが起動したら
左(自分のPC側)に解凍したSTINGER5を用意します。
右(Xserver側)は public_html ⇒ wp-content ⇒ themesの順にクリックします(下記画面参照)

後は左に用意した解凍したSTINGER5を選択し右クリックからアップロードを選択すると転送が開始されます。

WS000000

これで終了です。

だけどね・・・

後日、FTPソフトを使用しなくても外観>新規追加>テーマのアップロードでzipファイル選択でテーマをアップロードできること気づきました・・・

他にもレンタルサーバーだとFTPソフトをいれなくてもアクセスできるんですね・・・(下記はエックスサーバーの場合ですが、どのレンタルサーバーでもアクセスできます)

image-4

最初は分からないことだらけで普通なんだと自分に言い聞かせました(苦笑

スポンサーリンク